はじめに。(パス希望等含めたお知らせ)

久々に拍手ページ復活、なんか書きます。
ここからどうぞ!


web拍手 by FC2



業務連絡(パスワードについて)
・コメント欄からのパス希望はお受けいたしません。
メールでのお問い合わせのみとします。何卒ご理解ください。
スマートフォン閲覧の方はパソコン表示に変更の上、
右カラム「密談用」からご連絡ください。

*****

「with U ~Love homin~」へお越しいただきありがとうございます。

こちら18禁含むBLを扱うサイトです。
18歳未満の方、苦手な方は速やかにお帰りください。
閲覧されるありがたいお方、自己責任でお願いします。
注意事項を記載しておりますのでサイト閲覧前に必ずご確認ください。

TOP画像は(腐)トンコラ祭のミロお嬢さんが作ってくださいました!
ミロしゃんいつもながらありがとうございます。

そしてガラケー、スマホテンプレ全般管理改修はまろり~なさま
本当にありがとうございます。

では、ここから注意事項です。必読!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

ありがとうございます



まろり~なさまから!
素晴らしい!
もっとこう上手に撮りたかったけど
いやはや…^^;

全サイト更新情報 + 連載進捗

■更新情報 5/13
Adieu
à la folie  ともに終了しました!長らくのご愛読ありがとうございました!



■連載進捗

【本家】
・Episode 15(白タイツRevenge)
・Love entangled/and U
・incomplete
★やすば★ greedy
★やすば★ guiltless
・潮騒
・Sea roar (潮騒/max version)
・Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意)

【分家】→分家に記載
・Love entangled
・Peach!(シム×モモ/シムVer,閲覧注意)

【別宅】 サイト閉鎖予定
・Collection → 削除済み
・Rain Second
・capture the angel
・Bewitching angel

【ノーマル】 長さ未定

【FC2小説】
・初めて恋をした日 300話は余裕でいきそう・・・本家連載かな。
・Love Songs これは連載ではないのでだらだらかなー
・Coffin Rose 長さ未定

【ギョンス】
・チャミ姉さんとギョンスちゃん(女子)
・Firelight(ニョルド)

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【Ameba救済】Peach!(シム×モモ/シムVer,閲覧注意) 110

「キスしよう、モモ」
白魚のような手を、俺の腰に回して。
「体ごと、俺を近づけて。・・・ね」
恥ずかしがるモモが、すごくかわいい。
さぁ、早く。囁くように言えば、モモは。
俺の望み通り、自分から俺を深く受け入れようと、体をくっつけてくる。

ああああんんん・・・少しずつ入ってくこのじれったさ。
たまんなくイイ、けど。
息子はもう限界でガッツリその腰を引き寄せて一気に突き入れた。
モモ、悲鳴みたいな声を、上げて。

どこまでも俺を狂わせる女。

足を折り曲げ、抱えて突き上げる。キスをしながら。
モモの声が漏れるのが快感。
気持ちいいのか、モモの力が抜けていく。
「・・・感じる?」
鏡のほうに顔を向け、頬をくっつけて。
「ほら見て、モモ。すごくいい顔してる」
白い肌が上気して頬が薄紅色。
「・・・俺に抱かれてる時のモモは、こんなにやらしい顔、してるんだよ」

腰を動かしながら言う。
片足で立ったままだから、不安定なんだろう。俺にしがみついてる。
あー、サイコー。思わず、つぶやくと。
モモ、顔を背けた。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村



ああーんなんでこんなに好きなんだろおー
エッチが。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Peach!(シム×モモ/シムVer,閲覧注意) 109

タオルの下から一生懸命こんにちはしている俺のを。
モモにうりうり押し付ける。
「どお?」
見つめると、モモは恥ずかしそうに顔を赤らめる。
「俺のタオル、取って」
その白い手を、腰のタオルの結び目に導いて。
「早く」
モモがちょこっと触れただけでタオルははらりと落ちる。
んーーーそうだねーーーモモも求めちゃってたんだねーーー!

こんにちはしたそれを。
モモの下着の上からくっつける。ああーんぴとってくっつくのぉおおお・・・!
「やっぱりね。もう、濡れてる」

わしわし胸を揉みながらキスして。
薄い布の上で俺を感じるのもなかなか良いであろうヌフフ・・・!
鼻から抜ける甘い声がこれまたたまらん。
こんにちはどころじゃないほどカッチンコッチンになる。

片足だけ開かせて。
「もう・・・挿れちゃうね」
心許ない紐パンを脱がさずちょっとだけよけてウイッとしたら。

つるん、と。
入っちゃいましたぁあああ・・・!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村




あははははああ・・・!
楽しいなあああ・・・!

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

パスワード希望メールについて

パスワードご希望いただきありがとうございます

現段階においてすべて送信済みです!

届いていない場合は再度ご連絡ください

その際は別のメールアドレスをご用意いただくなどご検討ください。

haruharuさま、エラーメールが当方に届いております。

à la folie 42

蜜月がずっと続けばいいのに。そう思いながら。
近づくその時を不安に思っていた。
いずれこの土地にも武装勢力がやってくる。
そうなる前にここから、せめてチャンミンだけでも帰さなければ。

子供たちは日に日に少なくなっていき、僕としても。
万が一のことを考えると子供たちを迎え入れることができなくなっていた。
状況が落ち着いたらまた会おうと、子供たちを送り返して。
そんな日が来るのかと、不安にさいなまれながら。

チャンミンがそばにいてくれる幸せにいつまでも甘えていてはいけない。
帰るように諭すけれど、頑として首を縦に振らなかった。
一緒にここを出よう。言えば頷く。・・・だけど。
ここを出て、どこに行けばいいのだろう。もう僕の行き場はなかった。

チャンミンだけを逃がすつもりで家を出た。
予想外に早く村は武装勢力の手に落ちていた。
このところ発作の間隔が短い。次に発作が出たら。
逃げられないだろう。足手まといになるのは嫌だった。

学校が大好きだった少年が一人。
逃げ惑う村人の中でぽつんと立っているのが見えた。
銃声が響く中、少年を抱きかかえ逃げようとした瞬間。
弾が右足を貫いた。

子供をチャンミンに託す。逃げてくれと、言った。チャンミンは子供を連れて駆けていく。
このまま、ここで死のう。座り込み建物の壁にもたれながら思った。温かい手のぬくもりに、見上げると。
チャンミンが、いた。

発作の予兆は出ていた。チャンミンを押し戻す力も残っていなかった。
自分のシャツを引き裂き、止血をしてくれている。
それでも血は止まらない。発作が始まった。チャンミンに抱えられながら、建物に隠れた。

僕を抱きしめながらずっと、愛していると。
囁いてくれた。意識が遠くなる。
薬は、もう手元にない。この状況で入手する余裕もなかった。
ああ、やっと楽になれる。臓器をひねりつぶされるような痛みを感じながらも、そう思った。

真っ白な世界に。
ひとりぼっちだ。
愛する人がどこにいるのか、知りたくて。
名前を呼んで、手を伸ばした。ここにいると、誰かに抱きしめられた。

神様? そうかもしれない。
神様は、チャンミンに見えた。
チャンミン、愛している。ありがとう。・・・アデュー、と。
最期の約束を、した。

愛している。生まれ堕ちた瞬間から、ずっと。
今度こそ君を、神の御許で待とう。

次の世こそ、きっと。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


こちらも同時に終了です!
長らくのご愛読ありがとうございました。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Adieu 72

もう絶対、離れないんだ。

目が覚めてあなたが隣にいる幸せを、どれだけ夢見ただろう。
「・・・おはよう」
ユノヒョンを抱きしめる。その腕でしっかり抱きしめられて。
ああ、夢じゃないんだって、実感する。
「おはようございます」

これからずっと、ここで。
あなたとふたり、幸せに暮らしていくんだ。
何もなくても、あなたがいればいい。
あなたのそばで生きて。

あなたと共に死ねれば。

僕の、願いは。
それからしばらくして、叶えられることになる。

混乱の中、逃げるためお互いの手を取って。
走る最中、親とはぐれた子供を見つけたヒョンが。
その子をかばい被弾した。さらに発作が起きて。

逃げろと、あなたは言うけど。
僕一人だけ、生きていけるはずがない。子供を、そばにいた人に託して。
周りもヒョンを助けようとしてくれた。でも薬がない。ここに来る途中で無くした。
もう逃げられないと悟った。

小さな、物置小屋みたいな家に身を寄せ合って。
苦しむあなたを、抱きしめることしかできない。
涙で滲む視界に、必死であなたを映して。
愛してる、愛してる。繰り返し口づける。血は止まらない。苦しむあなたの顔を、見ていられない。

あちこちで悲鳴と、爆発音が聞こえた。この家も。
きっと、同じ目に遭うだろう。
「チャンミン」
肩で息をしながら、あなたが僕の名前を呼ぶ。僕の腕の中にいるのに、探すような手振りで。
「ここにいます。ここにいますよ」

抱きしめて口づけると、あなたは目を開けて。
チャンミン、愛してる。ありがとうと、か細い声で言った後。
僕を見つめ優しく微笑んだ。それがあなたの最期だった。

アデュー。目を閉じる瞬間、そう聞こえた。
あなたを、きつくきつく、抱きしめて。


愛しています、ユノヒョン。耳元で囁く。
近づく爆音に固く目を閉じた。窓ガラスを割って何かが投げ込まれた。

アデュー。目を閉じた暗闇の中で最後の爆音を聞きながら。
せめてこの腕だけはちぎれないようにと神に祈った。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

これにて「Adieu」終了です。
ものすごく長らくのご愛読ありがとうございました。

連載がこういう形で終わるということで
かなり「えええええ!」ってなりそうですが
ある意味一番幸せな成就の形かもしれないと。

生きてまた引き離される苦しみよりも
どんなに批判され周りを悲しませる恋愛だったとしても
二人が幸せならそれでいい。
そういう意味でのラストは、自分としては一番好きじゃない死にオチなんだけど
死にオチしかないのかなと(それも自死ではない)思いました。

ユノさんも死に場所を探すために戦地に来たようなものだからですね・・・
チャンミンもそれを覚悟できたのです。
明日の命の保証もない場所で
今を大切に生きるためには
やはり愛する人を愛する、平凡な生活だけでいいんですよね。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Falling you 127

何度も、たくさん突き上げられて。
獣のように声を上げ悶える。
いつか壊れてしまう体なら、あなたに。
いっそ、壊してもらいたい。

仕事をしながら、病院にも通院して。
じいちゃんの具合も、見に行ったりしながら。
俺は着々と準備を進めていた。そんな、ある日。
チャンミンさんが管理者の研修で泊まりに行くことになった日。
俺は、サンウさんに呼び出されていた。

「たくさん協力していただいて、ありがとうございます」
近くまで迎えに来てもらって、食事をして。
サンウさんの家で、これからのことを話す。
「ユノのためなら、協力は惜しまないよ」

ソファに並んで座る。手に手を、重ねられて。
こんなこと、しちゃいけないってわかってはいても。

サンウさんが、俺を求めていることは知っている。
口では言わなくても。
俺が助けを求めた時に暗黙の了解になるであろうことも、承知の上だ。

俺の肩を抱いて囁く。

彼に毎晩抱かれてるんだろう? 一から教え込みたかったけど。
抱かれ慣れた体ならもっと・・・愉しめるね、ユノ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR