은하수(ウナス)

決まっていたこと。あなたは僕の目をなかなか見ずに。
僕が手をつなごうとするのを避けるような、遠い目をしてた。
たぶん泣きそうになるのを我慢していたんだと思う。
僕も泣いてしまいそうだったからよくわかるんだ。
こんな大変な状況の中、最後の公演が行われたこと。
僕たちは最後まで困難続きだったね。
でも、あなたがいたから僕はここまでこれたんだよ。
あなただったから僕はずっとそばにいようと思ったんだ。

*****

たくさんの公演を終えて、アンコール公演、この二日が最後のステージ。
ずっとそばにいてくれたチャンミンと、ふたりで同じ方向を見て、同じものを作るために頑張れるのは。
これが、最後。
リハーサル。映し出された天の川を見て。
ふたりで肩を並べて空に星を描く。
ふたつの星を遮る天の川は、僕たちに勇気をくれる。
この川を越えたら、永遠にふたりでいられる。そして僕は必ず。
チャンミンのもとへ、たどりついてみせる。

*****

プレゼントしたかったんだ。ずっと待っていてくれた恋人たちへ。
星の名のついた愛しい人へ、たくさんの星たちを。
少しだけ時間をください。いつも待たせてばかりいたくせに、ごめんね。
必ずまたこの場所へ、ユノヒョンとふたりで帰ってくるから。

手をつなぐ。約束するよ、あなたにも、僕自身にも。
この星に誓って、行くときも、帰る時も、僕たちはまたこの星に集う。

*****

どうして? ・・・ん? 手を見ると、ユノは笑う。
ああ、なんかね。照れくさくて。今更何言ってんの。
ぎゅっと握られた手は、本当に温かくて。
幸せだったんだ。あと一日、ちゃんと頑張れる。

その夜も、ふたりで。
こうして過ごせるのも、あとわずか。
コンサートが終わったら、お互い忙しい日々が始まる。
あなたが行ってしまうまで、わずかな時間しか、ないのに。

手をつないで眠る。見上げる空には。
天の川。小さなプラネタリウム。
あなたの寝息を聞けるのも。

・・・あと、わずか。




スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Melts(バレンタインデー企画)

いろんな人がいろんな思いを抱えてこのステージを。
見に来てくれた。
何事もなければ、会場まで来られるはずが、様々な状況により来られなかった人も多い。
どれだけ残念な思いをしたことだろう。
どれだけ悲しく、苦しい思いをしたことだろう。
必死の思いで、会場まで会いに来てくれた人もいた。
僕たちだけじゃなく、会場にいるみんなが、その人たちをずっと待っていた。
待ちながら、その人たちの分まで、僕たちに思いを届けてくれた。

もとより、思いを届けることしかできなかった人たちもいる。

どのステージも、その日限り、同じ公演は1つとしてない。
今日の命を今日燃やし尽くすつもりで頑張っている。
中でも、昨日の公演は。
深く深く記憶に、刻まれた。

「僕の分食べちゃったんですか」
「うん」
「ホントに?」
「うん。食べたかったから食べちゃった。・・・ごめん」
チョコフォンデュしながら、言うことじゃないけど。
ま。そこまでチョコが好きかって言われたら、ビールの方が好きだし。

終わった後、ちょっとだけ。
疲れたから食べたいって、ユノが。
いちごのチョコフォンデュとか、ユノに似合いすぎ。ホントにうれしそうに食べてる。

「なんかさー、いっぱい、愛だね」
「え?」
「レッドオーシャンをひとつずつ俺たちのチョコオーシャンで包む!」
「・・・ああ」
「食べる。ここにいっぱい貯まったら・・・」
「翌朝・・・」
「ちがっ! あったまるのっ!」

もともとからかいがいがあるっていうか、近寄りがたいヒョンの割には。
心を許せば誰より子供っぽく純真なひと。
あんまり気がすすまねーですけど一緒の気分を味わいたくていちごのチョコフォンデュ、食べる。
「うまいだろ?」
「はい。いちごがちょっとすっぱいからちょうどいいかも」
「もっと食べよ?」
「いらねーです。カニ食いたい」
「あー、いいねえ! じゃこれデザートね、とっとこ」

そうだね、あったまる。
いつもみんなが見せてくれるレッドオーシャン。今日は特別に。
もっとたくさんの愛を、見せてもらったよ。

来られるはずだった全ての人に見てもらいたかった。
でも、昨日のステージは、チケットを持たない人たちの心まで。
いっぱい、いっぱい届いてた。たくさんの思いあふれる物語を。
いくつも、見たよ。聞いたよ。ちゃんと届いてる。

「あったかくなりましたか?」
「うん、あったかい。すごく」
微笑むユノが、とてもきれいで。
両手を広げた。軽くハグして、おでこと鼻をくっつけあう。もっと、あったかい。

「チョコ、あるよ。そこ」
ユノが指差した先には、小さなふたつの雪だるま。その後ろに隠れてる赤い箱。
「あ」
「ホントは食べちゃいたかったんだけどね。本命だったら・・・」
言葉を濁すユノに、後ろから抱きついて。
「だったら? なんだよ」
ドアを開ける。仲間のところへ向かいながら。
「困るだろ、チャンミンが」
「ウソ言え。困るのユノだろ?」
「だいじょぶ。信じてるから」

僕にだけ甘い目をくれて、お疲れ様でしたー! って。
リーダーの背中に戻る、ユノ。

ああ、そうだよ。困るのは僕だな。

イチゴやチョコにまで、嫉妬しそうな勢いなんだぜ。
あとで、ちゃんと。
いちごのチョコフォンデュ、食べさせてあげる。







---------------------

分家にて別パターン(ミンホ)書きました。

読んでみよう! と思われた方は → → → Juno Fortuna (ミンホ派!:バレンタイン企画)


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Mother's touch

ヒョンはなかなか気付いてくれない。ほかの人に気付かれる前に気付いてほしいのに。
痛いの。痛いの痛いの。昨夜の、あれ。
それとなく手を置いてみたり、ちょっと表情曇らせてみたりしてるのに、ヒョンは。
他の人としゃべってばかりいる。

しょーがないから自分から言ってみた。
「ねーえ、ヒョン」
「どうした」
腰に手を当てながら、痛いのアピール。
「ちょっとね、腰、痛くって。今日大丈夫かなあ」
ヒョンは顔色を一切変えることなく。
「ホントか? どのへんが痛い?」
言いながらさっと腰に手を回すところがさすがヒョン。慣れてるぅ・・・。
そのままなでなでしてくれる。うれしい。優しい。
「対処はしてあるのか。テーピングなりマッサージなり」
「してない」
「今日なんとか頑張れるか」
ヒョンの手に力が入る。その手が一番の力になる。
「うん、頑張る」
何も言わなくてもヒョンは僕の腰に手を当ててくれてる。顔がゆるゆるになる前に。
ユノヒョンはスッと手を離す。終わってからもっと、いっぱい撫でてくれるでしょ?
だから、頑張れるよ。頑張れる。

だって、もとはといえば。
昨夜、激しかったから。
ヒョンは痛くないんだね。やっぱ受け身の方が腰に来るのかな。

なんて、思ったりして。

不謹慎な妄想を・・・、いや、現実を蹴散らして。
今日もステージ頑張ろう。







-------------

ミンの「腰が痛いのぅ」申告話、なんかかわいかったですね。
可愛いというか、ユノにいちいち報告するというのが。
やる前の話なのかあとなのか(※この場合のやる=ステージであって行為そのものではない・・・!)
わかりませんが、なんとなーく。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

White Moonlight

2年前の今日。
もう、その時間は過ぎてしまったけど。

あなたが嬉し涙を流した日。
僕が涙をこらえた日。

もう2年もたつんだよ、早いね。
2年後の今、僕らは、あの頃の夢をひとつ叶えて。
新しいツアーのための準備を、してる。

寝る間も惜しんで、リハーサルをこなして。
あなたの足の具合も、だいぶよくなって。
無理はさせられないから、立ち位置確認とか、そういう感じ。
ドームツアーと違って、あまり走り回らなくていいところが、僕としては。
ちょっと、よかったなって、思う。

まさかこんなことが起きるとは思わない状態で組まれたツアーだったから。
タイトなスケジュールは、やっぱりユノには負担が大きいと、思う。
普段の僕らでさえ、大変なのに、今回は。
万が一、それが起きてはいけないから。

「心配するな。俺たちなら、うまくやれる」

ユノはいつも、そう言って、僕を勇気付ける。
同時に、自分を鼓舞する。そうだ、ユノ・ユンホ、お前ならできると。
誰よりも一番練習を重ねて。
誰よりも一番、ステージの上で輝ける、人。

今までなら、毎日練習漬けで、スタジオで倒れこんでそのまま、寝たり。
そんなことを繰り返していたけど。
今年は、時間を決めて、負担にならないように、集中してやってる。
あとは、成功のイメージだけを持って。
絶対に諦めない。妥協しない。完璧しか、求めない。

無理を無理とも思わずに、無理したがる、あなたが。
隣にいてとても、心配だけど。
信じてる。ステージの上も、ステージを降りてからも。
いつも隣にいるあなたを、その背中を、ずっと。

ああ、いい月だ。今日は、満月だから。
あの日みたいに、地上に白い光が、降るね。

ふたりで空を見上げる。見つめ合う。
また泣いちゃう? 聞けば、ユノは笑って。

泣かないよ。だってもう、ずっと幸せだからさ。

僕の背中に腕を、回す。うん。かすかに、頷いて。
僕も同じだよ、ユノ。あなたの涙を、見たあの日から。
そのあともずっと、あなたは僕の前で。
幸せをかみ締めるたび、心があふれていたから。

もう、我慢しなくて、いいんだよ。

僕が全部、隣で受け止めるから。
だから、あなたは、笑っていて。
あなたの笑顔が、僕を笑顔にする。
あなたの笑顔が、僕を泣かせてくれる。

また新しい春が、始まるよ。
今夜の月は。

赤い星が、お供にいるよ。
僕たちを愛してくれる、みんなの星だね。

僕たちは、前しか向かない。
上しか向かない。

未来だけを信じて、歩いてく。

大きな、月を眺めながら、指を絡める。
同じタイミングで、顔を見合わせる。

どんなときも、僕たちの呼吸は同じ。
どんなときも。

白く穢れなく、この月の光のように。
変化しながら、変わらぬ核を持って。

ふたりで、歩いていこう。



もうすぐ、幕が上がる。








--------------

2年前の今日はユノが泣いた日。
その涙を見ることはで来ませんでしたが、
ユノの幸せはトンペンみんなの幸せ。
諸事情あり、チケット入手できたかもしれないのに、
その場に立ち会えなかったことを悔しく思いました。

でも、今は。
どこにいても、何をしていても、その瞬間に立ち会えなくても。
穏やかに、ユノを大事に思う気持ちに変わりはありません。

今年も二人の活動が、二人にとって実り多いものであるように。
ユノが、チャンミンが幸せでいてくれますように。

ちなみに本日、月出帯食(げっしゅつたいしょく)だったそうで。
見れたかなあ。見てるといいね。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

Snowman

冬休みはお勉強だなんて。
ホントに、チャンミンは勉強が、好きだなあ・・・。

こんなに雪が降ってるんだから。
雪の日は、遊ばなきゃ。



遊ばなきゃって、言うけど。
雪なんか、いっつも降ってるし、それくらいではしゃいでちゃ。

ダメ、でしょ。
勉強ちゃんとしなくちゃ、立派な大人になれません。



ねえ、チャンミン。雪だるま、作ったよ。・・・あ、そうですか。
ほら、でっかいだろ? ・・・ああ、でかいっすね。

おうち用にちっちゃいのも作ろー! あ、じゃあお盆でも持ってきますね。
ウサギのほうがいいかな? ・・・どっちでもいんじゃないすか?


楽しそうなヒョン。見てると、楽しい。
楽しそうだから、一緒になって作る。
やってみると、案外楽しいね。
冷たいのとか、汚れるのとかあんまり好きじゃないけど。
ユノヒョンとなら楽しいほうが勝っちゃう。


雪だるまふたつ、お盆に乗っけてふたりでセルカ。
いい記念だね。
たしかに、ここまで積もるのも珍しいから。
おっきいのも、ふたりで作ってみた。

子供の頃のほうが、案外。
こんな遊び、しなかったかも。
もっと遊んでおけばよかった? でも、あなたとなら。

いつでも、何度でも、童心に返れる。
今度は、ゆっくり泊まりにでも行ってさ。
温泉つかって、みんなで雪だるまに隠れながら雪合戦とか。
したいね。


ねーユノヒョン。んー?
じゃんけんぽん! ユノヒョン、大体グー出すからね。
はいおんぶー! えー? またぁ?

言いながらもうれしそうなユノヒョン。
うれしそうだから、もっと喜ばせてあげよ。

寒いから、早くおうちに帰りましょ。・・・はいはい。
おうちに帰ってぇ、ご飯、僕作りますから。・・・いつもありがと。
それからぁ、頭も洗ってあげますからね。・・・ん?

どしたのチャンミン、いやに優しいじゃない。・・・そうでちゅか?
ん? 甘えてあげますよ。



珍しい、甘えチャンミン。人前ではこんなこと、したがらないのにね。
こないだのおんぶが効いたかな。うれしかったもんね。
ふたりで獲った、みんなが獲らせてくれた、1位だったから。

僕におぶさったままのチャンミンが、片手で雪だるまのおぼんを持って。
大好き。そう言ってるみたいにくっついてる、雪だるまたち。

家に帰ったら溶けちゃうかな? 思うけど。
こんなチャンミン、久しぶりだから。

冷蔵庫にとっておこう。今日の記念。
スノーマン。






---------------


何とかの返り咲きネタと、雪で遊ぶとかそういう話と、
チャンミンの「愛きょうなんて、ないでちゅ。」発言に萌え・・・w

中途半端に書いてしまいました。んふ。
さて、寝ます。おやすみなさい!


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

君がいるから (萌え袖ユノヒョン:まーみーさんに捧ぐ)

チャンミンの最後の、撮影。
このバラエティをはじめてから、チャンミンは。

今までよりもっと積極的になって。
自分を開放する術を覚えたと、思う。


続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【エロまめしい企画】Lingering nestled

昨夜は、遅くて。
疲れて、眠ってしまった。

あなたの体温を感じながら。
その律動を感じることなく。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

もしも僕がサンタになったら。

もしも僕がサンタになったら。
たくさんの子供たちの願いを叶えてあげる。

もしも僕がサンタになったら。
あそこで泣いているちっちゃなチャンミン。
僕が抱きしめてあげるね。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

M: Innocent innocent

・・・まったく、この男は。

ファンミーティング、クリスマスツリーの飾りつけ。
この身長で、そこまでしなくてもできるだろ、って、思うのに。

ユノ、ぴょんぴょん飛び跳ねながら、一生懸命飾り付けしてるから。
ファンの皆さん、背中(というよりもうちょっと下)に視線釘付け。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

M: 【まめエロしい企画】 神の背の声

さて。
バスケの撮影を終えて軽く打ち上げして家に戻った俺を待っていたのは。

「・・・んっふ。」

素晴らしい背筋をさらして、枕を抱きしめて。
半裸で眠る、ユノ。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
りんごちゃん
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR