FC2ブログ

★やすば★ guiltless 10

離れてたら離れてまうから。
自分からくっついていくしかない。

嫌がられてもええやん。だって俺、すばるくんのこと好きやから。
こんなことしかできひん。

合鍵で家入って、ごはん作る。
一緒においしいねって、したら。
きっと機嫌ようなる。

ふっふーん、と鼻歌うたいながらごはん作ってたら。
ドアの外で音がする。
ドアノブ、回した音。あ、帰ってきた。

「おかえりぃ!」
玄関へお出迎え。すばるくん。
好っきやで。俺、すばるくんやないと、あかんねん。

「どうしたん、お前」
「たまには一緒にご飯食べたいなぁ思て」
「忙しいやろ、無理せんで、ええて」
「無理やないよぉ」

目が、ちょっとだけ。
怒ってるみたい。なんでやろ。
おーくらとくっついてたからなあ。
それやったら、すばるくんかて人のこと言えんやん。


スポンサーサイト

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 09

仕事に、行ったら。
「おはよう」
「あー、おはよぉ」
おーくら。笑顔で待ってる。
ちょっとホッとすんねんな。やっぱ。
いま俺、いたんでるから。

「元気ないなぁ。どないしたん?」
「そーお? そんなことないけど」
ホンマは、そんなことある。あるけど。
治せるの、お前やないねん。

せやけど、癒しにはなる。
甘えさせてくれるもん。

おーくらとしゃべっとったら。
すばるくん、時間ギリギリに来た。
不機嫌そうな顔で、あいさつだけして。
奥の方、引っ込んでく。
「すばるくぅーん!」
マルがうれしそーに、後を追いかけてく。

あんなぁ、その役、俺の役やろ? 思うけど。
マルかてすばるくんのこと、めっちゃ好きやし。
行かんといてなんて言われへん。

わーわーさわぐ声が聞こえる。
マルとおるときのすばるくんはめっちゃ楽しそう。
気持ち悪いとか離れろとか言うくせに。
イチャコラしてる。うらやましい。
うらめしい。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 08

大切ないっちょうら、脱がされて。
「いや、やっ、すばる・・・くん」
すばるくん、なんか取り憑かれたみたいな顔してるし。
こーゆーときは何言うてもあかん。

されるがまま。なんでも、好きにしてええよ。
ただ、悲しい。だから、じっと見る。

「なん・・・やの、いきなり」
「・・・やらせろ」
めっちゃ怖い顔してるやん。

「いややわ・・・こんな
「俺じゃいやっちゅうことか?」

一瞬、あの。
影が浮かぶ。夢うつつに。

俺の上で動く、影。

「な、に、言うてんの? さっきから・・・話が見えん・・・」

知っとるわけない。あの、ことは。
俺らふたりしか知らんことや。
なのに、なんですばるくん、疑っとるんやろ。

深いため息をついて、すばるくんは。
俺の上から、下りる。
「すばる・・・くん」

「もう、帰れ」

小さな背中。俺が抱きしめても。
ぴったりにしかならん。
おっきく包み込める体やないから、心だけおっきくしとるけど。

今のすばるくんにとって。
俺がおらんほうがよっぽど心が休まるんや。

俺が、傷つけたんやから。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 07

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

★やすば★ greedy 26

避ける。会わへんように。
逃げる。おんなし場所におっても。
ふたりきりにならんように、話す時間与えんように。
たまたまやろ。そう、言わせるように。

あえてマルと絡む。マルとおるときのほうが。
俺は俺でいられてるんちゃうかな。わかっとるけど。
ラクなんと、好きなんはちゃうねん。
せやけど、今はあいつと一緒にいとうない。

「すばるくん」
飲みいこ、言われて。
マルについてく。ヤスの目線避けつつ、無視しつつ。
助手席。マルといるときは、無条件に甘えてる気ぃ、するわ。なんでやろな。
店について、飲んで騒いで。
マルは一滴も飲まんで同じテンション。ないわー。
こいつの笑顔見てると。
こっちまで明るい気分になる。
好きとかどうでもええわ。マルとおるほうがラクやで、ホンマ。
このまんま。

「ついたで」
マルんち。ヤスが、家にいそうで。
泊めてって、マルに頼んだ。
マルに支えられて部屋に入って。
ベッドに寝転がったら。

マルもそっと、ベッドに入ってきて。
なんも思わんで、寝てたら。

夢うつつ。
俺なら、寂しい思いさせないんやけどなあ。

て、聞こえた気がした。


テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ greedy 25

仕事して、帰って。メシは食ってきた。コーヒーだけ。
なんや足らんで、持ち帰りして。
あっついの、飲む。家でもできるけど。
家でもできるなら、他人の手に委ねる。

なんもしとうない。忙しくもないくせに。
考える暇だけよーさん、ある。考えとうない。
笑顔って、痛いとき、ツライわぁ。
お前が楽しそうにすればするほど、胃がきゅーっと、なる。

眠りかけに着信。誰でもええ。
あい。寝ぼけながら出ると。

・・・すばるくん? わかるくせに。
・・・誰や? あえて、聞く。

おーくら、です。名前を聞けば。
一瞬、体が熱くなる。そんでも。
おお、なんや。何でもないことみたいに、言える。
こんな時間に珍しいな。

「変なこと、聞いてもいいすか」
「・・・ああ」
変なことて、なんや。言葉を飲み込む。
「今日、ヤス、元気でしたか?」
「・・・ヤス?」
なんで、それ。
俺に聞くんや。

・・・知らんがな。ため息みたいな、声。
そっすか。ちょっとうれしそうな大倉。
元気なかったみたいなんで、気になって。大倉の言葉に。
そーか。そっけなく、眠い振り。

元気なかったみたいなんで。電話を切った後も、その言葉が気になる。
今日のお前のことを。
あいつから聞きたくはなかった。


テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ greedy 24

なんだかんだ言いつつもヤスにメシ食わせてもろて。
お前は仕事や言うて帰り支度。
「すまんなあ、急に入ったの忘れるとこやったわ」
忘れたらええのに。
「・・・せやなあ」
「また来るし、すぐ来るし、ええ子にしとってな」
「いっつもええ子やわ」
「ホンマにぃ? 頼むで」
ヤスは俺のほっぺたにちゅーしてから。
家を出る。もう来んでええ。むなしい気持ちにさせられるくらいなら。

お前を見送ってからギターを抱く。
こういうとき、弾きたくなる。
鼻歌うたいながらつまびいて、だんだんその気になってかき鳴らして。
なんや足らん気がして手を止める。
お前の笑顔が浮かんでくる。

やめ、やめ。大の字になって寝転がる。
何人かのうちの一人でも、ええねん。
お前が俺の前でだけ見せる顔があるなら、ええねん。
そう思っても。
やっぱいやや。俺は、お前を誰かと分け合う気はない。
俺だけのもんじゃないならいらんわ。

ため息をつく。自分の鼓動と、ため息と、車のクラクション。
風の音。

神様になんぼ払えば、お前が俺だけのものになるんかな。
払う気もないのに、思う。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ AURA(すばるくんお誕生日おめでとう)

ギターじゃ足らんとき。
ハモニカを吹く。
出せない声を、歌うとき、ハモニカを吹く。

お前がおかんみたいに、「ごはん作ったるさかいな」って。
買うてきた惣菜チンしてお皿に乗っけてる。
ふんふーん、鼻歌聞こえてるけどな。
お前の鼻歌は、俺のハモニカと同じ。
うれしくってたまらんとき、お前は鼻歌を歌う。

俺のは、なんやろな。
ギターやったらできんこと。
声やったらオーバーんなること。
これやったらはまるんや。

「はぁーいできましたぁー!」
ヤスが部屋まで俺を呼びに来る。こんでも聞こえとるがな。
せやけど、まあ。
「おおきに」
「ケーキもあるでぇー!」
うふ。冷蔵庫からケーキ出してくる。自分が食べたいんやろが。いちご。
自分が好きなんは俺も好きやと思うとる。相変わらず。

お前がそばにいると、時間忘れる。もうこんな時間。そろそろ寝らなあかん。
ほんで、もうこんな年。どんだけ一緒におったんかな。
前はもっと自然にそばにおったのに。
近いで、遠いなあ。ローソクのむこうのお前を、思う。
・・・あとで垂らしたろか。

さっ、歌うよ、すばるくん。はっぴばーすでーとぅーゆぅー! 歌うヤスを。
ぬるーく見つめてから。
ふー、して! 言われた通り、ふーして、消す。

「おめでとぉー!」
にっこにこなヤスが、小さな包みを差し出す。
「なんや」
「プレゼントっ!」
開けて開けてぇ。ワックワクした顔で、言うから。
ふん。って放り投げよかと思いつつ、しゃあない、開けたる。

・・・お。
「どやっ! すごいやろー!」
「これ・・・どないしたん」
「欲しがっとったやろ。いくつあっても困らんやん」
欲しかったやつ。やっぱ、こいつ、あかんわ。
なんでこんなに知ってんのかな、俺のこと。

「なあ、吹いて」
「メシ食う前にか」
「あ、食べてからでもええよ」
「・・・ええわ、吹くわ」
軽く唇を滑らせる。それだけでええ音がする。
「ええなぁ」
うっとりしとる。お前のやらかい声が、もっとええ。

ハモニカ吹いてる時のすばるくんてな、なんかオーラがちゃうねん。
いつものつーよい赤い感じがな、ちょっとだけぼわってなんねん。
せやけどパステルカラーになるわけでもないしな・・・。なんかおかしいねん。

お前のほうがおかしいわ。言うてから。
メシ、食おか。お前は頷いて。
もっかい俺の目ぇ見て、おめでとうて、言う。

ニコニコ笑うその唇のはしっこについとるがな。
ん? って不思議そうな顔しとるけど。
バレバレやで。唇、噛みついて。

「やっぱ食べてくれたなぁ」
「・・・あ?」
「クリームちぃっとつけとったらな、ショートケーキみたいやろ? 俺」

・・・アホか。ゲンナリしつつ。
お前の女子力に敵う女子はこの地球上にはおれへんな。
改めて思う。

お前はよ、俺のために女になってくれ。












----------------------

すばるくん、お誕生日おめでとうございまっす!
出先で腐友に言われて思い出しました ←すみません^^;
そしてコメントでもお知らせいただきましてありがとうございました。

ハモニカすばるさんをなんとなーく使わせていただきました。
AURA(オーラ)ってのは、ハモニカの原型の試作品の名前です。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ Chanel No. 5(ヤスくんお誕生日おめでとう)

今日も、俺んちは。
おねえちゃんのニオイがする。

「わあああ!」

この時期イチゴってなかなかないねんで。
あんまうまないかもしれんけど。
おねえちゃんが好きそうなタルト買うたった。

「これー、全部食べていいのん?」
「ええよ」
ヤスは目をまんまるにして笑う。そんで、俺に抱きついて。
「やーったあー! うれしー! すばるくん好きぃー!」
ほっぺたすりすりしよる。
「はいはい」
うれしいけど、あんま甘い顔見せたないから。
「ほんますっきゃで? なあ。ちゃんと聞いてぇ」
「はいはい」
「もおー! 俺今日誕生日やねんからぁ、もーちょっと優しくしてぇな」
「ん」

ぎゅっと。
抱き寄せたる。ほっぺくっつけて。
反応見る。にっこにこしとるから。
おでこくっつけたる。ふたりで目ぇつぶって。
ほんまにおねえちゃんやったらええのになぁ。なんとなしつぶやくと。

「なんなんそれ! 俺おねえちゃんやないよ」
「においがおねえちゃんや」
「おにいさん!」
「なに言うとんねん、31ゆーたらおっさんやないかい」
「おっさんやないもん!」
おねえちゃん・・・言いかけて、ちごた。俺おねえちゃんでもないわぁ。
ぽわっと、笑う。

その顔、見て。
俺もなんやほわんとする。
お前が笑うなら。
おねえちゃんでもにーちゃんでもおっさんでも、ええわ。
そら、モンローとか言い過ぎやろ。ふくらむの、おっぱいやないやん。

「・・・おめでとぉ」
一瞬目を、見てから。
そらす。・・・どうせ、わかるから。
お前が目ぇ、うるうるさせよるの。
「ありがとぉ。・・・ありがとぉなあ、すばるくん!」

ひーん。言うて俺を抱きしめて。
はいはい、よしよし。背中さする。
甘いわ、俺。ええんかな、これ。おっさんやのにな。
おねえちゃんのにおいで、反応するわ。

このにおいの中に、いつか。
俺みたく加齢臭が、混じったとしてもな。

俺、お前のこと、好きやから。

毎年祝おうな。誕生日。
俺んのもお前んのも、みんなのも、幸せも、全部。







-------------------

rimokoさまより教えていただきましたネタ。ありがとうございます。
本日くしくも神社巡り一緒だった私のやすば師匠・腐友からも
とうとうと語っていただきました。

ヤスくん、31歳おめでとうございます!

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ greedy 23

抱いてほったらかしてメシ食おうとした俺に。
お前はぺったりくっついて離れん。
いややもん。離れんもん。言うて抱きついて。

誰にでもそうして甘えるねんな。
俺やから特別なわけやない。ヤステス。お前のやり方、わかっとるけど。

信じたいんやな、結局。それは裏を返せば信じられんてことや。
信じられんから信じたいねん。望みにすがりたいねん。

なんも考えんと、俺に抱きついて頭ゴリゴリ押し付けて。
幸せそーにふにゃふにゃ笑てるお前からしたら。
俺の気持ちなんて。
あってないようなもん。
甘えたいときに甘えて、甘やかしてくれる腕ならなんでもええねん。

俺やないでも。

「メシ、食うわ」
言うて手をほどけば。
「俺、したる!」
いっそいでパンツ穿いてベッド飛び出してく。
「チンしよか? ごはん、ちぃーと冷めたしな」
「今したがな、チンは」
「もぉ! いっつもそんなアホなことばっか言わんといて!」
赤い顔して、笑て。
せんでええのに、メシの支度して。
あれかな、ナイチンゲール。お前別の意味であるちんのくせにナイチンやろけど。

弱ってる人んとこ行くんやな。
行って自分のできるすべてで慰める。
気持ちはありがたいけど。

俺が欲しいんは、そんなんちゃうねん。


テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR