FC2ブログ

【Ameba救済】恋の彼方、愛の轍(恋愛チャミVer.)80

「自分で……挿れてください。僕の上に、跨って」
ユノはため息をついてから、ゆっくりと。
僕の上に、跨った。

繋がる瞬間の、ユノの臍のあたりを見ていた。
少しずつその体が埋め込まれていく快感に。
思わず、声が漏れた。

ユノも気持ちよさそうに腰を振っている。
ただ、それすらも仕事だと思っているのだろうと、自分が言ったくせに。
悲しい気持ちになった。

しばらくそうして上下に動かした後。
体勢を変えて激しく打ち付ける。
ユノが涙をにじませながら僕の名前を呼んだ。
もっとして、チャンミン。もっと、壊して、と。

白い肌に噛みつき、吸い付きながら。
この人を離したくないと思う。
途中、ユノは気を失った。時々、一緒に眠りながら。
目が覚めるとすぐ、ユノを抱いた。執拗に繰り返した。
壊れてしまうなら壊れてしまえばいい。どんなユノでも、僕は。

僕のそばにいてくれるならそれでいい。

朝までユノを繋ぎとめた。ユノは一旦、家に帰ったが。
またすぐ仕事に出たらしい。僕は商談があったので店にはいかなかった。
自分の店だから、自分以外にする人はいないけれど。
正直、今日の取引先には行きたくなかった。何故かと言えば。

あの頃、別れた「恋人」が。
またその会社に戻ってきたから。
 


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村


 

スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】 恋の彼方、愛の轍(恋愛チャミVer.)79

「泣くような、ことが?」
「……いえ」
「何度僕と寝てるんです? 今更」
ユノは答えなかった。何も言えないと分かっていて聞く僕も僕だけど。
好きなんだからしょうがない。あなたを虐めたいのは。

「仕事なんですから……愉しませようっていう気持ちはないんですか? お金を稼ぎたいんでしょう?」
涙は止まることなく、ユノは僕に背を向けた。
「すみ、ません。今夜は、後ろ、から……抱いて、ください」
なんて可愛いことを。
「それならちゃんと……あなたの体で、言葉で誘ってください。僕がその気になるように」
ユノは僕に背を向けて。
「お願い、します」
四つん這いになって腰を上げた。

「挿れて……、ください」
その哀願する声が。
たまらなくいやらしい。生唾を飲み込んだ。
でも、やっぱり泣かれたのが痛くて。

「挿れて欲しいなら……自分で挿れられるようにしてください。あなたのせいで、萎えた」
隣に寝転がる僕のそれを手でくるみ、口づける。
一生懸命、口で愛撫してくれた。
そろそろ、挿れたい。ユノの頭を止める。
口を離して僕を見る目の、あどけないこと。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村


 

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】恋の彼方、愛の轍(恋愛チャミVer.)71

抱き寄せ、口づけて。
体中に唇を這わせる。それだけじゃ足りなくて。
ジッパーを下ろし、少し硬くなっているそれに、愛おしく舌を這わせる。

ユノは驚き、期待に目を潤ませる。
でも。
「抱いてしまったら帰せなくなりますから……、せめてあなたがそんな気にならないように、僕が鎮めます」

太腿に手を置き、それを口に含んで、前後する。
本当なら、僕も同じようにして欲しい。むしろ抱かせて欲しいけれど。
明日も仕事だ。ユノも疲れているだろう。きっと帰せなくなる。
だから、それはしない。ユノだけでも、気持ちよくなって欲しい。

僕の名前を何度も読んで、焦らすと自分から腰を動かして。
ああ、感じているんだと嬉しくなる。
これ以上は無理だろうと思えるタイミングで口を放す。
ユノは残念そうに僕を見た。

「どうしますか? 僕はあなたが欲しいです、ユノ。あなたを……抱きたい」
頷くユノを見てほくそ笑む。
素早く服を脱ぎ捨て、ユノに突き立てる。
その瞬間、ユノは僕の腹を濡らした。最高だと、思った。

「僕はまだ……満足していません。朝まで、とは言いませんが……、もう少しだけあなたをこうして……繋ぎとめておきたい。いいですか?」
腰を動かしながら、喘ぐユノの唇をふさぐ。
鼻から抜ける息までも艶やかで。

ユノ、あなたが好きです。あなたは僕だけのものだ。
あなたの体がいつ、どこにあっても。
心はいつも僕だけのものです、そう信じています、と。
念じながら、つぶやいていた。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村


 

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】薔薇/第三部 180

家に帰ると、ユノが先に帰っていた。
「ああ、おかえり」
「……ただいま」
風呂上がりなのだろう、バスローブを羽織り、まだ湯気が立ちそうなくらい白い肌を上気させたユノが俺を出迎えてくれて。
そのあまりの美しさに思わず見とれてしまった。
「どうした?」
言いながら俺の腰をその長い腕で引き寄せる。幸せすぎて倒れそうだ。
「どう……って、綺麗だな、って」
ユノは一瞬きょとんとした顔をして、照れくさそうに笑う。
「何言ってんだ、お前は」
ギュッと抱きしめて、じっと見つめる。あなたはもう、俺のもの。俺だけの。
胸いっぱいあなたの香りを吸い込んで、満たされる。これ以上何を欲しがる?
「ユノ、……したい」
「え?」
壁に押し付けてキスする。ユノが誘ったんだからな。舌を絡めながら。
唇を離して、見つめ合う。
「とりあえず……シャワーくらい浴びて来いよ」
「このままじゃダメ? 俺、くさい?」
クンクン匂ってみせると、ユノはまた笑った。
「そんなんじゃないよ、ほら」
ユノが俺の腕を引っ張る。どうしてもシャワーを浴びて欲しいらしい。服を脱がせてくれる。いつもなら俺がしてること。なんか嬉しい。
ふふふ、と笑っていると、ユノが気味悪がって俺を見た。
「たまにはいいね、こういうの」
「だろ? いつもしてもらってるから、たまにはな」

その言葉に驚いた。ユノも同じように考えてたなんて。
たまには俺の世話を焼きたくなったのかな。妙に感動した。
パンツ一枚の姿になった俺と、バスローブ姿のユノ。もちろん、ユノのバスローブも、下着も脱がして。
俺も、脱いで。
二人でシャワーを浴びる。お互いの体を洗い、何度もその体を味わって。
ベッドに戻ってもずっと抱き合ってた。やっぱり俺は単純だ。あなたとこんな幸せをずっと分け合えるなら。
他には何もいらない。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Tuberose 危険な快楽/第三部 108

少しずつ甘く盛り上がるようほうが、気持ちも高揚する。
キスも、触れる手も優しく、焦らすようにささやかに。
「こういうほうが、好き?」
キスの合間に、聞かれて。
「お前はすぐ……突っ込みたがるからな」
思わず笑ってしまった。
「今だってそうですよ、でも……」
体をくっつけながら、俺をじっと見る。可愛い顔して、獰猛な獣。
「このほうがもっとドキドキする」
体中を、心から慈しむように愛撫して、お互いの昂りを口で確かめて、待ちきれなくなったシムを誘う。

シムが入ってくるなり、最高潮に達して、シムはそのまま、俺も体の奥でシムを受け止めながらイッた。照れくさくて、見つめ合う。口づける。今までにない、ふわふわした気持ち。
「好きだ。チャンミン」
自然と気持ちがあふれ出た。シムは驚いた顔をしながらも、喜びをかみしめるように微笑む。
「大好きです、ユノ」
体の中に納まったまま、力を取り戻したシムはまたゆっくりと俺を揺らして。
あまりの気持ちよさに、シムの腰を腕で止めた。抱き合ったままでも、イキそうで。
「……すごい」
自然と体の中がうねる。その波にシムが上ずった声を上げる。ああ、とつぶやいて。
長く続く快感に我を忘れ、何度も、抱き合って。

その日からシムは少しずつ俺のペースを理解するようになったらしい。夜ともなるとギラギラした目で見つめられていたが。
俺にその気がないと分かるときは押してこなくなった。それだけでも十分な進歩だ。
その代わり、俺がその気になるように仕向けてくる。だから、俺からもシムに甘えやすくなった。
甘えたいわけじゃないが、やっぱり。
疲れた時は、肩ひじ張らずにダラダラ過ごしたい。その先に抱き合うなら流れとしては自然だ。いかにもそれだけしたい態度でこられても気分が悪いだけだ。
よかったのか悪かったのか、今じゃほぼ毎日、挿入まではしなくてもそれっぽいことはしてる。
満たされるという感覚を味わう日々だ。





にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】薔薇/第三部 175

「どう、したん……ですか?」
「そばに……いてくれ」
信じられないユノの言葉に、思わず間抜けな顔をして見つめてしまう。
髪を乾かすとか、俺に世話を焼かれるのは嫌いじゃなさそうだし、その程度はあまり気にしてなかったけど。
ストレートに甘えられたのは初めてかもしれない。
「……喜んで」
ユノの服を脱がし、俺も服を脱いで、一緒にバスルームへ。

なんて悲しい顔をしているんだろう。もし、俺が恋人じゃなかったら、きっと。
しばらく帰ってこなかったに違いない。それくらいユノにとって先生は大切な人なんだ。
それが恋愛感情じゃなくても、何故かユノの胸に強く響く人だったってこと。
シャワーに打たれているユノの頬を、撫でる。ユノはまた、泣いている。先生の病状は思わしくないんだろう。一命を取り留めたとしても。
頬に口づける。涙をすくうように。
唇に軽く、触れる。俺はここにいるよと、伝えるように。
弱気なあなたも、正直ものすごくそそるし、体が反応してしまうのを止められない。ユノを抱きしめると、自然と押し付けられるそれが、ユノを欲しがってる。
「……ごめん」
謝りながらも、抑えきれなくて、キス。もしかしたらユノも、それを期待していたのかもしれない。

愛撫もそこそこに、ユノに突き入れながら。
忘れたいのかもしれない。夢中で繋って狂って、一時的にでも。
不安な気持ちを払拭したいのかもしれない。それでもよかった。ユノが俺を、求めてくれるなら。
何度も俺の名前を呼ぶ。応えてユノの名前を呼ぶ。打ち付ける音が、強くなる。




にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Tuberose 危険な快楽/第三部 65

俺の上で、苦しそうに動きながら。
「ねえ……俺のこと、好きですか」
多分、イキそうなのを我慢しているんだろう。盛り上がる筋肉がセクシーだ。
「お前だけだって……言わせたいのか」
シムはニヤっと笑う。その顔がかなり、くる。でも言わない。
「ええ、勿論。俺だけに満足して、誰とも寝ないで欲しいに決まってるでしょ」
あまりにもストレートな嫉妬に笑ってしまった。シムが俺に口づける。
「俺、下手?」
よくそんなこと聞けるな。目をそらすと。
下手、と取ったんだろう。上手い下手っていう問題じゃない。そりゃ、多少はあるけど。
「どうすれば満足する? 教えてくれたら、その通りにするから」
まあ、最中にあれこれ聞きたがるな、って希望をつけたい。まずは。
「そうだな。……とりあえず黙れ」
「え。黙々と動けってこと?」
「そうじゃない」
首に腕を巻き付け、引き寄せて口づける。シムは顔を赤くした。
今更だ。
「愉しむときは愉しめよ、な」

シムは開眼したかのように緩急をつけて腰を振り。
俺はその動きに合わせ喘いだ。シムの激しさはいつも以上で。
俺を抱きしめて名前を呼んだり、好きだとか気持ちいいとか、そんなことばかり連呼していて。
こういうほうがその気になれる。快楽の追求だけに没頭して。
何か言葉を発するなら、お互いの気持ちが高揚するようなことを言わないと。
あれこれ試すようなことはせずに。

シムがとにかく集中していた気がする。達する瞬間も一緒で、本当に気持ちよかった。
俺の上で果てて、ぐったりと体を重ね、呼吸を整える。
「こういうほうが、いいの?」
「どうせやるなら、な。何も考えずにする方がいいだろ」
「じゃあ……毎晩誘ってもいいですか?」
やっぱり調子に乗ったな。無言でスルーすると、抱きついて頬にキスしてきた。
そのままじゃれつくのを許し、いつの間にか目を閉じる。


 


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村


 




また飛ばされちゃうかな?
→案の定飛ばされちゃいましたよ。


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Tuberose 危険な快楽/第三部 64

シャワーを浴びて来てくださいと言われ、浴びて戻ったら、腕を掴まれてまた洗面所へ。
「子供じゃねえんだから」
「濡れるの嫌なんです。枕」
椅子に座らされ髪を乾かされる。鏡越しに見つめられてる。あの男につけられた痕を。
「寝る。ベッド借りてもいいか」
「今更ですよ、どうぞ。俺も後で行きます」

シムといるとやっぱり疲れる。好きか嫌いかと言われたら好きだとは思うが、こういう時に本当に鬱陶しく感じる。自分が悪いのはわかっている。ただ責められる筋合いはない。俺の行動が傷つけると分かっているから、それなら離れろと言っているのに。
どうして傷ついてまで離れるつもりがないのだろう。本当に好きという感情なのか、ただの執着かわからない。執着は愛情だとは思わない。
シム自身が理解していないのだと思う。

気付けば眠っていた。顔に何か触れた気がして、目を開ける。
「チャンミン……?」
名前を呼ぶと、シムのため息が聞こえる。何かを我慢しているような。
「キスして、いいですか」
「……え?」
聞き返すと、シムが唇を押し付けてきて。
「こういうの、もっとして……いいですか」
「……んだよ、確かめたいのか」
俺の気持ちを。それとも、疑念を。
「はい。体じゅう全部、体の奥まで確かめたい」
抱きしめられて、がっつり激しいキスをされる。全身舐められ吸われ噛みつかれて、それでなくても夢うつつ、感覚が解放されているときにここまでしつこく、されたら。
お前が悦ぶ反応を、してしまう。
俺を見て、と言われれば見る。ただ照れくさいからずっとは見られない。お前に揺られながら。
多分他の誰と寝るよりも、お前とが一番感じると、思う。

 


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村



こっちも進めていかないと肝心なところがー
よくわからないままになってしまいますね、薔薇も終盤かな。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Tuberose 危険な快楽/第三部 41

相変わらず性急なキスから、ベッドに引っ張られてまたキス。
服を脱がされながら思う。俺は、お前を、本当の意味で好きなんだろうか、と。
「なんで、だろうな」
「なにが、ですか」
首筋に顔を埋めるお前が、胸いっぱい息をしている。
「お前がそばに、いると……自分が分からなくなる」
好きなんだろうと、思う。ただお前と同じくらい、お前を欲しがっているかは。
自分でもよくわからないんだ。
「そう、ですか」
胸を触られながら、いつから俺はこんな風に、お前の愛撫を気持ちよく思うようになったんだろうと考える。ただ快楽だけを求める相手とは正直、盛り上がるためだけに集中したりするけど。
お前とはもっと、気持ちを込めて愛し合いたい。そう思うのは俺だけなんだろうか。

「もう、ひとつ……お願いがあります」
俺の体中くまなく愛撫して。
お前は俺を見つめながら言う。
「名前で、呼んでください。……俺のこと」
太腿を抱え上げられて、少しずつ埋め込まれる。
お前が深く、快感のため息を漏らしながら、すべて埋め込まれた瞬間。
名前を、呼んだ。

シムは本当に嬉しそうに俺を見て、頷いた。そこからゆっくりと加速する。
俺を揺らしながら、好きだ、ユノ、好きです、と。
繰り返し囁く。愛されている、そう思える穏やかな気持ちの中に、どこか狂気が紛れている。
そこが、落ち着かない理由かもしれない。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】薔薇/第三部 77

唇が離れると、ユノが俺をじっと見つめる。紅い唇がもっと欲しくなって。
もう一度口づける。止まるはずがない。押し倒して、服を脱がせて。
「俺の好きはこういう全部好き、ですよ」
言いながら口づける。ユノは呆れたような目をする。
「今知ったことじゃない」
「もっといろいろ、しますよ。好きだから。……したいから」
はいはい、って感じでちょっとだけ笑って。
「好きにしろ。お前なら、いい」

なんか、もう。
言葉にできないくらい嬉しかったのと同時に、この諦めじみた言葉は何なのだろうと思ってしまった。でもそんな疑念より、俺はもっと興奮して。
この男は俺のものだ、と。
白い肌にたくさん痕をつけまくった。好きにしろって言ったんだから、今更前言撤回はさせない。
ユノのも、口でいっぱい愛撫して。
足を開かせたあられもない格好のユノにゆっくりと挿入する。
少しずつ埋め込まれていくのを見ると、やっぱり満足するんだ。その瞬間だけは。
ユノが胸を反らして熱く息をつくのを見ると。
ああ、感じてるんだ、俺があなたにそんな顔させてるんだって、すごく嬉しくなる。ソファの背もたれに体をのけぞらせ、俺に足をいっぱい開かされて喘いでる、あなたを。
あなたを狙う誰かに、見せてやりたい。
この男はもう俺のものなんだ、って。

「ねえ、もうあなたは……俺のものでしょ?」
腰を動かしながら聞く。胸に吸い付いて。
あなたを喘がせる。誰よりも愛しくて憎らしい、妖艶なひと。





にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村  

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」でハマる。2021年現在はトンペン卒業、リバあり冷め気味。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR