222 Bed Room 02(CAT WALK SP)

のどの奥まで突っ込まれて、もう。
今にも吐きそうな僕に、薄ら笑いを浮かべながら。

髪を掴んで僕を引き離す。
そのまま、顔にぶちまけられた。

目のあたりについたのを、ユノヒョンは指ですくって。
その指を僕の口に突っ込む。

「うまいか、俺のかわいいネコちゃん」
しゃぶった指を、押し出すと。
まだあちこちについてるそれを、すくっては舐めさせて。
自分で舐めてみな。冷たくそう言い放たれて、仕方なく。
猫の毛づくろいみたいに、手の甲でそれを拭い取って、舐める。
「ほら、こっちもキレイにして」
まだ、僕の体から抜いたばかりの、温かそうなものを顔に押し付けられて。
僕は、それをペロペロと舐める。
「いいな、ずっとネコのままでいてよ」
「なに・・・言って」
「だってさ・・・かわいいし」
僕の髪を撫でて、顔をキレイに、タオルで拭いてくれて。
手を伸ばして僕の胸を触る。
「こんなに・・・胸も、おっきいし」
すごくうれしそうで、文句も言えない。
「あとさ、舌がザラついてて・・・なんとも言えないんだ、舐められると」
そう言われると、なんか頑張りたくなっちゃう。この世界の僕は。
男であって女の体で、半分ネコになってて。
ユノヒョンに愛されることだけが生きる全て。

ユノヒョンがすごく気持ちよさそうにしてくれるから、いっぱいいっぱい舐めて。
怖い顔したユノヒョンに押し倒される。
「どこに挿れてほしい?」
僕の両脚を、その太ももで割りながら。
「どこに・・・って」
答えられない僕を尻目に、胸を揉んで、吸い付いて。
にゃあにゃあ啼く、僕に。
繰り返し聞く。
「言えよ、チャンミン」

あちこちを舐めながらだんだん下がってきたユノヒョンは、僕の太ももを抱えて、ゆっくりと。
開かせる。

隠そうとする両手をどかされて、太ももの内側に口付けられる。そのまま、少しずつ。
あがってきて。
指で、いじられる。やらしい音に、尻尾がクネクネ、しちゃう。







------------


ああああああ
今日もすごかったですね「銭の戦争」
上には上がいるなあああ・・・!

スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

222 Bed Room 01(CAT WALK SP)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

222(CAT WALK SP)

キュヒョンが見に来てくれて、個人的にすごく盛り上がった名古屋公演。
夜はもちろんキュヒョンと飲んで~、と行きたいところだけど。
ライブ中は禁酒だから飲めない。日曜ならよかったのになあ。
ま、キュヒョンにもいろいろ用があるから仕方ないけどさ。

キュヒョンとずっと語り合いたかったけど。
明日もあるから、ってんで周りがまた今度にしなさいって言う。
部屋に戻れば、ユノは。
もう、寝てた。

寝てんならいいじゃねえかよ。思って、ソファに腰掛けたら。
あれ? なんか、懐かしい気配を感じて振り向くと。

よぉ。久しぶり。・・・って、ダルがドアの隙間から入り込んできた。
久しぶりだなあ! だっこして、なでなで。この柔らかさに癒される。
でも、え? ダルってことは・・・。

「そ。ユノ、拗ねてたぞ。今夜はチャンミンが帰ってこないって」
「帰ってきただろ」
「そう仕向けたんだ。わかるだろ? 明日までいろいろできないだろうが・・・」
「いろいろってなんだ」
ダルは尻尾を揺らす。
「ま、とにかくだ。・・・遊んでやれ」

遊んでって言われても・・・。思いつつユノに近づく。眠るユノはとても幸せそうで。
そうだ、ふたりともひつまぶし連続で食ってんだから、けっこー溜まってる。・・・でも。
これ、明日までどうにかしちゃいけない。頭イカレた状態で乗り切らないと。
でも、女になったら・・・ユノ、やべえんじゃないかな。もちろん、僕も。

頭でいろいろ考えながらもユノに近寄ると、体があっという間に猫になる。
前のふにゃっとした猫じゃない。クールでスタイリッシュな猫、だ。
ユノの上に乗っかって、ゴロゴロ甘える。体をこすり付けてたらユノが目を覚ました。
「あ」
「にゃあ」
「チャン・・・ミン?」
「うわ! これ夢?」
ぺたりと座り込んだまま首を横に振ると。
「夢かなあ? 夢ならいいよな」
いいって何が? 思う間もなく押し倒されて。

わあー気持ちいーやらかいーって言いながら。
僕の胸をずっと揉んでる。ああああ、もう。
こっちまでムラムラしてくる。でも、ダメだから。
体離そうとしたけど離してくれない。上に乗っかられたまま、体を押し付けられて。
ああ、したいなあ、したいなあ、って。

「なん・・・で、今日」
喘ぎながらつぶやく僕に、ダルはあっさり。
「あ? 猫の日だから」
「はあああああ?」
「たまには来てやんないとな、つまんないだろうと思って」
つまんないけど、でも。今日こられてもできない。
もったいねえ。これで今日我慢できずにそうなったら、明日ちょっと腑抜けになりそうだから。
「うなぎ・・・」
「ん?」
ユノがつぶやくように言う。
「増やせば・・・いっかなあ・・・」
「そーいう問題か?」
「うん、俺的にはそーゆー問題」
だから、ね? しちゃおっか。無邪気に笑うユノを見てると。
ますます、体が反応しちゃう。

それにさあ、この体なら大丈夫だよ、チャンミン。
別の世界の出来事なんだし、ねっ!

うまいこと言いくるめられて・・・っていうか、言いくるめられた振りをして。
ユノが僕の服を脱がしていく。ひっかかる尻尾と、猫耳。
首に巻かれたベルトと鈴を、見ながら。
「これ、さ」
「なに?」
「衣装、思い出すな。あれ、俺、好き」
ああ。首に巻くやつか。そんなこと考えて。

思考が途切れたのは、ユノがしゃぶりついてきたから。
もう。それ以上考えられない。

ガツガツ、突っ込まれて。
声を上げる。そうだね、この世界なら、どれだけ抱かれても大丈夫。
にゃあにゃあ声を上げて、その体に爪を立てながら。

ユノは脱がないから、大丈夫。ひとり勝手にそう、思ったり。
ね。

僕があなたにつけた傷は、二人だけの秘密。











----------

猫の日でなんか書こうと思って
今日のキュヒョンネタをからめようと考えましたところ
そういえばうちには猫がいたんだとw

久々のCAT WALKシリーズ。チャミママ編、いつになるんだろw

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

CAT WALK/pregnancy 20

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

CAT WALK/pregnancy 19

赤ちゃんたちは、僕のおっぱいを吸って。
おなかいっぱいになったら、寝て。

なんか出たら、ふにゃふにゃ泣いて。
その度、ユノがうれしそうに世話してやる。

ユノは極力僕を寝かせようとしてくれてる。そして何より。
ドフンとドンジュが大好き。

続きを読む

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

CAT WALK/pregnancy 18

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

CAT WALK/pregnancy 17

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

CAT WALK/pregnancy 16

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

CAT WALK/pregnancy 15

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

CAT WALK/pregnancy 14

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
りんごちゃん
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR