Adieu 67

思った以上に何もない部屋。どれだけ大変な暮らしをしているか、わかった。
それほどまでに、ユノヒョンが僕から離れたかったことも。
「ここだよ。僕は、気に入ってる。・・・でも君は、無理しなくていい」
「ヒョンがいるなら、僕はどこでもいいです」
見上げると、ユノヒョンは本当に優しく、微笑んだ。

子供たちが、ひとりふたりとやってきて。
ユノヒョンに、おはようございますと言いながら、ハグをする。
僕を見て、怪訝そうな顔をして。
紹介してもらってようやく、僕も子供たちに受け入れてもらえた。

まずは字を教えるところから。本当に初歩からの、勉強で。
それでも子供たちは一生懸命、もう書くところもないような紙に何度も字を書いて。
熱心さに胸を、打たれた。ユノヒョンが子供たちに勉強を教えている姿も、本当に素敵で。

子供たちが帰った後も、僕は。
ユノヒョンを、尊敬する先生を見つめるような目で、見ていた。
だって本当に、かっこよかったから。
あちこち、きれいに掃除する。忙しいから、あんまり目が行き届かないんだろう。
僕がそばにいれば、あなたに大変な思いはさせない。その一心で、掃除をしていたら。
後ろからそっと、抱きしめられる。それだけで、息が止まりそうなほど。

「疲れただろ? もういいよ、ありがとう」
「・・・でも」
「明日はゆっくりしたらいい。・・・ね?」

あなたの、笑顔だけで。
僕がどんなに焦がれてしまうか、あなたは、知らないんだね。
頷くのが、精いっぱいで。

やっと、あなたに、抱きしめてもらえてるんだ、って。
泣きそうになる。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 07

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Sea roar 11(潮騒/max version)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

潮騒 37(ホミン以外:閲覧注意)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

★やすば★ greedy 26

避ける。会わへんように。
逃げる。おんなし場所におっても。
ふたりきりにならんように、話す時間与えんように。
たまたまやろ。そう、言わせるように。

あえてマルと絡む。マルとおるときのほうが。
俺は俺でいられてるんちゃうかな。わかっとるけど。
ラクなんと、好きなんはちゃうねん。
せやけど、今はあいつと一緒にいとうない。

「すばるくん」
飲みいこ、言われて。
マルについてく。ヤスの目線避けつつ、無視しつつ。
助手席。マルといるときは、無条件に甘えてる気ぃ、するわ。なんでやろな。
店について、飲んで騒いで。
マルは一滴も飲まんで同じテンション。ないわー。
こいつの笑顔見てると。
こっちまで明るい気分になる。
好きとかどうでもええわ。マルとおるほうがラクやで、ホンマ。
このまんま。

「ついたで」
マルんち。ヤスが、家にいそうで。
泊めてって、マルに頼んだ。
マルに支えられて部屋に入って。
ベッドに寝転がったら。

マルもそっと、ベッドに入ってきて。
なんも思わんで、寝てたら。

夢うつつ。
俺なら、寂しい思いさせないんやけどなあ。

て、聞こえた気がした。


テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

潮騒 36(ホミン以外:閲覧注意)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ありがとうございます

めんつゆその他もろもろ
いただきました。
ありがとうございます!

こんな時間にラスクを食べる……

Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 179

こういう時、チャンミンさんは。
私を、物みたいに扱う、気がする。
もうどれだけされても、痛くないけど。

この体勢の時だけは。
痛くて、涙が出ちゃうときが、ある。

チャンミンさんはとにかく、こういういやらしいことが、好きで。
恥ずかしがる私を見るのも、すごく好き。
だから、ベッドの脇に鏡が置いてある。私たちが、繋がって、いるのが。
見える、ように。

ほら見てモモ、俺のが入ってくよ。
モモ、すげえ、気持ちいい。どの角度から見てもモモは、綺麗だ。
ああ、いいよ、もっと締めて。・・・そう、ああ。たまんねえ。

チャンミンさんが何度もそう、つぶやく。
痛みに顔をしかめながら、それでも。
チャンミンさんの動きに揺らされて、どんどん感じていく自分が、いる。
ずっと、あなたにこうして愛されて。
私も変わってしまったのかしら。

「ねえ、モモ、気持ちいい?」
「・・・は、い」
「気持ちいいって言って?」
「き、もち・・・いい、です」
「俺のこと、好き?」
「す、き・・・、です」

腰を激しく、打ち付けながら。
リズムをとるように。

好きって、言って、モモ。俺の名前を読んで。
ずっと好きって、言って。感じるから。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


ああん。
モモsideからだとクールに映るチャンミンさんも
実はこんな感じの変態俺ちゃまでちゅ!
この顔かわいい。実質的な好みではないんだけどw
私が好きなチャンミンはモンチシム時代とか、
Winter Roseの大門サングラス風チャミとか
TONEの青く不安定な美しいチャミです。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】day after day 06

ユノから、離れて。
その足を開く。全体的に肉が落ちたと言っても。
あまり変わらない体格。太ももは変わらないように感じる。
さっきまで俺をしゃぶってた唇を、甘く歪めて。
俺が入ってくるのを、待ってる。

焦らしたくても、俺のほうが我慢できなくて。
結局、お前にすぐ挿れちまう。
この瞬間だけ、お前は俺のものだって思うから。

上に乗ると、控えめに背中に腕を回すお前。
一生懸命、腰を振る俺。なんだか、お前に。
優しくされたくて。
動きを止める。お前は不思議そうに俺を見つめる。
「お前、さ」
「・・・ん?」
「俺のこと、ホントに、好き?」
ユノは驚いた顔してる。
俺の首に腕を回し、引き寄せながら。
「あなたらしくもない。・・・どうしたんですか?」
優しい口づけを、受けて。
もう一度深く、突く。
「俺だけがお前を・・・好きみたいだ」
ユノの目が射るように光り。
その手が背中から腰へ、下りる。

じゃあ、どれだけ好きか、教えてください。
もっと、奥まで俺を・・・挿して。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】day after day 02

家のことをすべて済ませて、ふたりきりになったら。
誰にも邪魔されない、甘い時間。

子供たちの前ではさすがに、イチャイチャできないから。
二人を寝かしつけて、部屋に戻ったら。
すぐに抱きしめてベッドに連れていく。せっかちな俺に、ユノはいつも笑ってる。
「まだ・・・、これ、飲んでから」
「飲ませてやる」
ユノが飲んでるイチゴオレを取って、口に含んで。
口移しで飲ませる。ユノがごくりと飲み干す、その音だけで。
バカみたいに興奮、してる。

唇を離して、ユノが。
俺を見上げて、やらしく笑う。
「・・・甘い、でしょ?」
「ああ。・・・甘いな」
顎をつかんで、持ち上げる。
「まだ口ん中残ってるから、舐めてよ」
鼻で笑って。
「だから・・・、まだって、言ったのに」
呆れたような声を出しながらも、ユノは。
俺の口の中に、舌を差し入れて。
歯列を、歯茎を、舌を絡め舐め上げる。

そのうち、言い出した俺が我慢できなくなって。
お前を押し倒して、服を脱がすんだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
りんごちゃん
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR