FC2ブログ

【Ameba救済】déjà-vu 188

「どうしましょうか、ねえ」
言いながら、スビンさんは。
指を二本、入れてきた。それだけで甘えた声が、漏れる。
「気持ちいいでしょう? スンホ」
体はその指を締め付けながら。
否定しようと、首を横に振る。
「素直じゃないですね。じゃあ、こうしましょう」
指が一本になる。これまでの刺激を考えたら。
到底、物足りない。

「今更変わらないでしょう? 欲しがっても」
もう、あんなことは。
しないでくださいと、頼んである。盗撮のことだ。
だから、ねだっても。
ふたりだけの秘密。

「スンホ、どうして欲しいですか?」
「あ・・・、い、れて・・・」
「挿れて欲しいんですね?」
足を開かされる。スビンさんの硬い、ものを。
ゆっくりと挿れられて。

快感に震えあがる。悪いことだと、わかっていても。
体がどうしても、今、快感を欲しがって。
腰に添えた指に力が入る。

スビンさんの動きに、自分から腰を打ち付けて。
気が遠くなるほど、気持ちいい。

相手があなたなら、いいのに。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村  

スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】déjà-vu 173

口の中ですごく大きく硬くなってる、それを。
早く挿れて欲しくて。
……でも。

膝の上に乗れるほどは慣れていない。
チャンミンさんはまだズボンを穿いているし。
どうしたらいいか、わからない。

チャンミンさんにお尻を向け、四つん這いになって。
顔だけ振り向いて、様子を伺いながら。
「挿れて、ください。チャンミンさん」
お尻を突き出すだけでは、ダメなんだと。
思って、仕方なく。

自分で、片手でそこを拡げて見せる。
チャンミンさんが少しだけ反応を示した。
「誰でもいいのか、お前は」
「違う」
「他の男も、そうして誘ったんだろう?」
「違う! そんなこと、しない」
あなたに、嫌われたくなくて。
抱いて欲しくて、一生懸命やっているのに。
恥ずかしくても、こんな格好まで、して。
それでも、信じてもらえないなんて。

悲しくて、うなだれる。やっと、気持ちが。
通じたと思ったのに、これからどうしたらいいんだろう。
カチャカチャと、ベルトの音がする。
チャンミンさんが、石鹸を塗り付けていた。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村



タイトルコピーしたつもりがコピーできておらず
Ameba救済の痕のタイトルが
「日本三大下り宮」になったというのは
ここを読んでくださった方たちだけの秘密です・・・w

旅行行きたいなーっ店で調べててそれを検索したんですが
この旅行で行く予定の三大下り宮の一つは
以前偶然たどり着いていったことがある場所でした
確かにちょっと変わってたなあ。
鵜戸神宮はいつかいきたい。群馬は無理かな。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】jamais vu 148

左手を肩からおろして、胸をまさぐる。
尖りを指で触るだけで、スンホは大袈裟なほど感じてる。
「感じやすいんだな、ホントに」
「チャン、ミンさん・・・、ゆるして」
「許す? 何を」
耳を甘噛みして、指先で尖りをつまんで。
前後に右手を動かす。声が漏れるのをこらえてる。

スンホの体を前に突き出して。
姿見に体をくっつけると、先端の珠が潰れて鏡を濡らす。
恥ずかしがるスンホが、可愛いのと。
忌々しいのと。
「よく見ろよスンホ、お前の欲しがる顔だ」
顎を持ち上げ、鏡を向かせる。
おどおどしている表情が、嗜虐心を煽る。

「何があったか・・・言ってごらん」
大きくなったスンホのものを、扱きながら。
鏡を見る。

「相手は、男なんだな?」
「・・・はい」
わかっていても、理解できない。
乳首をきつくつまんだ。痛がるスンホを、鼻で笑う。
「なぜそいつに、会いに行った?」
「会いに行った、わけじゃ・・・」
ここまで来てまだ言い訳する気か。根元を手で握りしめると。
悲鳴に似た声を上げる。
可愛いからこそ、憎らしい。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】陽炎 12

ユノに、しゃぶってもらいながら。
やっぱ挿れたいと思い直した。……だけど。
それじゃユノは俺のこと信じてくれない。
俺がただ性欲処理のためだけにユノを利用してると思われる。

それだけならこんな思いしねえよ。
快感に腰が浮つきながら。
もっと長い時間、この気持ちよさを味わいたくて無理やり思考を続ける。
もしユノが勃たなかったら、その時考えよう。
いっそ勃たなければいいのにと思う。

その口の中でイッたあと。
もう寝ろよ、と冷たく背を向けようとするユノの。
アレを、探る。もう少し刺激したら、使い物になるはずだ。
正直、もうずっとこっちは使ってない。
あの不思議な快感を思い出すと、口の中が潤ってくる。

「やめろ……って」
「俺もしてやるよ」
「いい」
拒否するユノの上に、のしかかって。
シャツをめくり身体中舐め回す。感じてるくせに。
ユノだってしたいくせに。

鼻から抜ける甘い声が好きなんだ。
もともと声質が甘いとは思ってたけど。
こうしてる時の声は特別甘い。
ずっと聞いていたくなるほど。

しゃぶりつきユノのそれを最大限大きくして。
拒絶しながら気持ち良さそうなユノを。
言い方は悪いが体で引き止めたい。
心はとうにここにあるんだから。

「もう、イキそう?」
途中口を止めて聞いて。
「ああ、もう……いいよ」
やめていいよ、って意味だとわかってて。
右手で受け入れる場所にクリーム、塗って。

一緒に、行こ。仰向けのユノを、抱き起こし。
怪訝そうなユノの上に、跨る。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR