FC2ブログ

潮騒 46(ホミン以外:閲覧注意)

目が覚めても、お前が隣にいてくれる。
眠れない夜も、お前がいるなら怖くない。
指はまだ繋がれている。多分、俺が。
身じろぎするたび、しっかり繋いでくれていたんだろう。

きっと眠れないだろう、お前も。
こんな俺に、付き合って。
お前を苦しめるつもりはないのに。
お前に助けは求められない。

「・・・ユノ」
起きているのか、寝ているのか。
分からなくて返事もできない。
「愛しています。ずっと、待ちます。あなただけを」

うれしかった。でも、返事なんか。
できなかった。俺だって愛している。ずっとお前だけど。
だからこそつらくて、だからこそ。

お前から離れなければいけないのに。

気付かれてしまうから何も言わなかった。
悟られてしまうから涙も我慢していた。なのに。

手の震えで気付いたのだろう。チャンミンの体が動く。
目を閉じたままの俺の顔を見つめていると気付いた瞬間。
涙が零れ落ちた。

お前は静かに唇で涙を拭って。
ひたいに口づけてまた、体を横たえた。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

潮騒 45(ホミン以外:閲覧注意)

ベッドに入っているなら、抱かなければ。
もしくは抱かれなければ、体が、心が、それまでの恐怖を。
思い出してしまう。恐れながらも、快感に喘いだ日々のことを。
屈辱を感じながら悶えた数えきれない夜を。

背を向けて寝るのは、怖くて。
とはいえ向かい合わせになると、お前を心配させてしまうから。
仰向けになる。本当はどんな体勢で寝ても。
ぐっすりとは眠れない。

右の小指の先に。
チャンミンの左の小指の先が、触れて。
そのままチャンミンが俺の指にそっと指を絡めた。

「そばにいます、ユノ。ずっとそばにいるから、眠ってください」
「チャン・・・ミン」
「抱きしめていいなら、あなたを抱きしめます。本当はそうしたい」
絡めた指を強く、握って。
「あなたが、俺を求めてくれるまで、待ちます」

間接照明の明かりに切り替えた部屋の中で。
チャンミンの声が、鼓膜に温かく響く。
頭ではお前を求めていないのに。
何故か、心が。

涙を流している。
勝手にお前を求めている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 11

「おいしいなぁ、すばるくん」
「・・・ああ」
「もっと言うて。褒めて伸びる子やねん」
「・・・ああ」
「んもぉー! すばるくんのいけずぅー!」

すばるくん、全然反応してくれへんけど。
そんでもええ。一緒におってくれるだけで。
ごちそうさま、のあと。
ボソッと「うまかった」って、言ってくれたの。
ちゃんと聞ぃたで。

食器洗ってたら、すばるくん、先シャワー行って。
すぐ追っかけよお思たら、電話。
・・・おーくら。

「もしもしぃ?」
「ヤス? 今日、ヒマ?」
「あー、出てる。すばるくんとこ」
「そぉか。メシ食おうと思ったんやけどな」
「じゃまた今度行こか」
「今日はあかんのや」
「そぉや。うん。こないだ行ったやろ?」
「まあ、そやけど」
シャワーの音、消えた。
すばるくん、もう出てまう。

「ああ、また行こぉな」
「話したいこと、あったんやけど」
「元気ないなぁ。なぁ、おーくら。元気だしぃ」
「明日は予定ある?」
「うん。明日ならええよぉ」

沈黙するおーくらが、気になったけど。
今、もっと気になる人とおるねん。
「あ、すばるくん、お風呂出るみたい」
「わかった。すばるくんに悪いもんな」
「・・・せやな。またな。うん、おやすみ」

電話、切って。聞こえてないといいけど。
タオル、もって。迎えに行く。
ぎゅーって、してあげたいねん。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

潮騒 44(ホミン以外:閲覧注意)


環境が変わると、また。
闇が恐怖に変わる。以前は部屋を暗くして眠っていたけれど。

今は、明るくても暗くても。
落ち着かない。ひとりでは眠れない。だからといって。
チャンミンに助けを求めることはできなかった。

それでも。

独り寝の恐怖に、部屋で震えて。
ベッドの上で眠れずに体を起こしていたら。

ドアをノックする音が聞こえた。
返事などしなくても。
「・・・ヒョン?」
隙間から漏れ出る灯りで。
起きていることはわかっているのだろう。

心配そうな顔をしたチャンミンが。
部屋に、入ってきた。
「どうした」
強がりだと、気付かれていても。
虚勢を張らずにはいられない。
「顔が真っ青ですよ、ユノ」

顔を背ける。言われなくても。
分かってる。でも、どうにもならない。

「やっぱり、一緒じゃないと・・・眠れなくて」
はにかみながら言う、お前が。
涙が出るほど、愛おしい。
「疲れてる。だから、今日は」
「だから、一緒がいいんです。俺、眠れないとダメなの、知ってるでしょ?」

短時間の睡眠でも乗り切れる俺と違って。
チャンミンは昔からしっかり睡眠をとらないとダメなタイプだ。
前は一緒だと眠れないと言ってたくせに。

こんな風に気を、遣ってくれるなんて。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


書けるときに書かないとおおお
やっぱりこういうホミンが好きなんだよな。
優しく健気なチャンミンと、もろく虚勢を張るユノ。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

潮騒 43(ホミン以外:閲覧注意)

ため息をつく。何も手につかない。
疲れのせいか、眠ってしまったらしい。

目が覚めると、最初に視界に飛び込んできたのは。
見慣れた後ろ姿。・・・最愛の。

身じろぎした俺に気付いたのだろう、チャンミンが。
ゆっくり振り向いて俺を見る。
「寝ててください。疲れたでしょう」
「お前、こそ。自分でやるから」
本当にフッと、力が抜けたような笑顔で。
チャンミンは微笑む。
「大丈夫です」

日本での暮らしはいつも、お前といるから。
片付けも、俺よりお前のほうが上手い。
部屋が分かれていても、結局二人一緒にいたから、お前は何でも知ってる。
俺より、俺のことを知ってる。
だから、つらい。

「来るんでしょう? ヨニさん」
こちらを見ずに、チャンミンが言う。
溢れだしそうな気持ちに、冷や水を浴びせられたようで。

「・・・ああ」
「ここには絶対に入れないでください。ここはあなただけの家じゃない」
「でも」
「何を言われても構いません。ここは俺とあなたの家だ。ふたりだけの」

睨み付けるような目で、見つめられて。
頷くことも、首を振ることもできなかった。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今日はなぜかこっちでやる気が・・・!

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 10

離れてたら離れてまうから。
自分からくっついていくしかない。

嫌がられてもええやん。だって俺、すばるくんのこと好きやから。
こんなことしかできひん。

合鍵で家入って、ごはん作る。
一緒においしいねって、したら。
きっと機嫌ようなる。

ふっふーん、と鼻歌うたいながらごはん作ってたら。
ドアの外で音がする。
ドアノブ、回した音。あ、帰ってきた。

「おかえりぃ!」
玄関へお出迎え。すばるくん。
好っきやで。俺、すばるくんやないと、あかんねん。

「どうしたん、お前」
「たまには一緒にご飯食べたいなぁ思て」
「忙しいやろ、無理せんで、ええて」
「無理やないよぉ」

目が、ちょっとだけ。
怒ってるみたい。なんでやろ。
おーくらとくっついてたからなあ。
それやったら、すばるくんかて人のこと言えんやん。


テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

今日はなぜか

気晴らしにやすばを書きますよ・・・!

もうお話を書くこと自体飽きてるんだろうなあと
いつも思うんだけど辞める踏ん切りもつかない
だらだらやっててもと思うんだけど
全体的に終わってないから放置するのも・・・
と思いつつ放置ばかり・・・

2年半ぶりに書いても
やっぱりやすばは可愛いなあ。と思う。
もう戻らないふたりではあるけれど・・・
だからこそ書きたくなるのかな。超今更。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 09

仕事に、行ったら。
「おはよう」
「あー、おはよぉ」
おーくら。笑顔で待ってる。
ちょっとホッとすんねんな。やっぱ。
いま俺、いたんでるから。

「元気ないなぁ。どないしたん?」
「そーお? そんなことないけど」
ホンマは、そんなことある。あるけど。
治せるの、お前やないねん。

せやけど、癒しにはなる。
甘えさせてくれるもん。

おーくらとしゃべっとったら。
すばるくん、時間ギリギリに来た。
不機嫌そうな顔で、あいさつだけして。
奥の方、引っ込んでく。
「すばるくぅーん!」
マルがうれしそーに、後を追いかけてく。

あんなぁ、その役、俺の役やろ? 思うけど。
マルかてすばるくんのこと、めっちゃ好きやし。
行かんといてなんて言われへん。

わーわーさわぐ声が聞こえる。
マルとおるときのすばるくんはめっちゃ楽しそう。
気持ち悪いとか離れろとか言うくせに。
イチャコラしてる。うらやましい。
うらめしい。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

★やすば★ guiltless 08

大切ないっちょうら、脱がされて。
「いや、やっ、すばる・・・くん」
すばるくん、なんか取り憑かれたみたいな顔してるし。
こーゆーときは何言うてもあかん。

されるがまま。なんでも、好きにしてええよ。
ただ、悲しい。だから、じっと見る。

「なん・・・やの、いきなり」
「・・・やらせろ」
めっちゃ怖い顔してるやん。

「いややわ・・・こんな
「俺じゃいやっちゅうことか?」

一瞬、あの。
影が浮かぶ。夢うつつに。

俺の上で動く、影。

「な、に、言うてんの? さっきから・・・話が見えん・・・」

知っとるわけない。あの、ことは。
俺らふたりしか知らんことや。
なのに、なんですばるくん、疑っとるんやろ。

深いため息をついて、すばるくんは。
俺の上から、下りる。
「すばる・・・くん」

「もう、帰れ」

小さな背中。俺が抱きしめても。
ぴったりにしかならん。
おっきく包み込める体やないから、心だけおっきくしとるけど。

今のすばるくんにとって。
俺がおらんほうがよっぽど心が休まるんや。

俺が、傷つけたんやから。

テーマ : 関ジャ二∞
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】コーヒーと梅ヶ枝餅 199

■SIDE-C

気持ちよくってたまらなくて腰振り続けてるのに。
ユノはほぼほぼ気絶した状態。
「・・・ユノ」
「・・・・・・あぁい」
返事を確認してから腰を振ると。
んがっ、んがっ、となったあとまたおねむの世界。
可愛いなあ、可愛すぎるなあ。

遠くから見てるだけだったあなたを。
今こうして腕の中に閉じ込めて好きにできる上に。
好きじゃなければ若干キモい白目の寝顔を見られることも至上の幸せ。
可愛いから瞼に口づけて目を閉じさせて。
大好きだよ、と囁きながらゆっくりと味わう。
この際寝ててもいい、だってユノの体は。
寝てたって俺をしっかり咥え込んで離さないもん・・・!

そのまま一人頑張り続けてイッて。
ユノの上にかぶさってぐったりしてたら。
爆睡してると思ってたユノが、俺をよしよし、ってしてくれて。

ああ、きっとこれはおねだりだ。
よく頑張ったねチャンミン、チャンミンのチャンミン。
もっと頑張ってくれてもいいんだよ、のよしよしだね、と解釈して。

復活したらまた頑張ろうと思いまーす!


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村


 

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR