FC2ブログ

【Ameba救済】タイトル決まらないのであとで考える。79

眠くなっちゃうくらい長い時間、ずっと揺られて、気持ちよくて。
でも、明日も仕事だからって、ようやく。
チャンミン、ずっとくっつくの諦めてラストスパート。

「もっ、ダメ、だって……ばっ」
「イッちゃうってこと?」
腰をガンガン振りながら。
時々優しく俺の耳元で囁く。

それもあるけど、そうじゃなくて。
あんまり激しくしたら、俺が壊れちゃう。
でもいつの間にか、チャンミンの激しい動きにも。
痛みより、気持ちよさが勝ってる。

「そ……お」
後ろから突き上げてたチャンミンが。
いきなり動きを止める。しゅっと抜いて。
「え?」
その瞬間も気持ちよかったんだけど。
ゴロン、と仰向けにされる。
「ん?」
有無を言わさず足を足で開かれて。
チャンミン、俺を見てニヤッと笑う。
「キスしてからイキたい。……いい?」
わ。
なんかすっごく、どっきーん……!

ん、と頷いたら。
チャンミン、俺に顔を傾けてきながら、突き入れる。
ものすごい勢いで舌を絡められて。
止まらない腰の動きに翻弄されながら、もう。

気付いた時には耳元で俺の名前を囁きながら、いい、イク、ってつぶやくチャンミンに。
チャンミン、ああ、すごい、イッちゃう、なんて。

多分周りに聞こえちゃう声で喘ぎながら。
二人で一緒に、ゴールイン。




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】タイトル決まらないのであとで考える。78

うっ、あっ、て声出しながら。
あんまり声が漏れないように、クッション手を伸ばして取って抱きしめる。
チャンミンは俺に少しずつ挿れながらああ、とため息をついて。
「すげえ気持ちいいよ、ユノ」って。
入っていくたび、呻くチャンミンと。
気持ちよくって、声が出そうでたまんない俺。
でも、声出せないから。

「……なんでそんなに我慢、するの?」
わかってるくせに、意地悪く囁く、チャンミンに。
「き、こえちゃ、う」
下から上に向かって胸を撫でられながら。
俺が感じるのわかっててやってるんだもん、ホント意地悪。
「誰に?」
「誰に、って……近所の、ひと。隣り、とか……」
言い終える前にまたぐんっ、と突っ込まれて。
あぁっ、と声上げちゃう俺に、チャンミン、悦んでる。

「聞かせてやればいいじゃん。俺なら聞くね」
「もおっ……、そん、なの、聞かれたく、ない……っ」
隣りも下も全部男所帯で。
彼女連れてくるような奴だってあんまりいないのに。

チャンミンはお構いなしに腰を振って。
俺は声を我慢するのが精一杯。
そんな俺を啼かせようとチャンミンはさらにしつこく突き上げ、愛撫する。
「やっぱ俺、もう……離れられない」
「え? なに?」
言葉を返しながらも、時々声が漏れて。
もしかしたら声が聞こえなくても、この、体がぶつかる音は聞こえてるかも、なんて。
考えたらますます興奮しちゃって。

そんなに締めたら、いつまでたってもこのままだぜ、ユノ、いいの? って。
いい……ような悪いような、だって気持ちいいんだもん。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】タイトル決まらないのであとで考える。77

チャンミンがどうして俺をそんなに好きなのか。
「ちゃ……、ん、みん」
首筋にいっぱい吸い付かれる。わかんないけど。
「あー……いつかどっかの現場でやりたいなぁ……」
「な、に、言ってんだよ」
「解体現場とかさぁ……」
んもぅ、チャンミンは本当に変態だと思う。

なんだかんだ言いながら服をめくりあげられて。
あっちこっち吸い付かれたらやっぱり感じちゃう。
どうせするなら服だってどんどん脱がせてくれたらいいのに。
動きにくいまま、服を少しだけ脱がせた状態で触りたがる。

「なん、で、脱がないの?」
「雰囲気出るから」
「?? なんの?」
「いーの。ユノはそんなこと気にしないで」
ちょこちょこヘンなこと言うんだけど。
手も口も全然止まらない。その指は俺の中をかき回してる。
キスしたり耳を舐めたり胸に吸い付いたりしながら。
俺をいっぱい気持ちよくさせてくれる。

ズボンと下着、膝まで下ろした状態で。
わんわんになりなさいと言われたから、なる。
胸まで服を捲り上げられた状態で。
チャンミンも同じような格好で俺を後ろから突き上げる。

やっぱり最初はまだ痛いけど。
チャンミンが入ってきて、気持ちいいとこ、突かれると。
自分でもびっくりするような甘い声が出ちゃう。
それでチャンミンも興奮するみたい。
俺の胸を触りながら、少しずつ腰を動かすチャンミンに。

ああ、もう。
やっぱりキモチイイってサイコーだ。
チャンミンのうちじゃないから、声、抑えなきゃいけないけど。
そのせいかますますコーフンしちゃう。




テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】タイトル決まらないのであとで考える。62

ふたりで、一緒にシャワーを浴びながら。
「もう1回!」とねだるチャンミンに、負けて。

「やあっ……ん」
ぐんっ。と後ろから挿れられて。
やっぱり痛い。脳天ツン! とくる。
しかも腰動かそうとするから。
「それ以上は、ダメ、っ」
「動くのまだ無理?」
「……ん」
奥まで入るのだって結構きついんだからっ。

俺の中に入ったまま、俺の体を。
手で、弄ぶ。
「ちゃん、みん……っ」
「気持ちいいだろ? こうされると」
「ん……、だ、け、ど」
「俺ばっかり気持ちよくて……ユノは痛いだけなら可哀想だから」

腰を振ってるわけじゃなくても。
俺の中に入ったまま、手を前後させるから。
なんか、何とも言えない気持ちに、なって。

でも、やっぱり。
体に力が入る。その度に、多分そっちも締まるから。
チャンミンまで、うっ、とか気持ちよさそうな声を上げる。
「帰したくないな。俺が行こうかな」
「……え?」
チャンミン、いきなり耳元で。
「ユノをイカせてからね。俺ももう、無理」

言うなり、繋がれたまま俺を四つん這いにさせて。
腰を押し付けたままいっぱい、擦られて。

もう、全部出尽くしちゃった。チャンミンも。
俺の中で、イッた。


テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Crystal 81

両手を繋いで、腰を揺らしながら。
声を上げるシムは、男でも女でもなかった。
気を抜けばすぐ突き上げ。
呻くその声にますます興奮した。

「……いい顔だ」

恥ずかしそうなシムを、見て。
もっと辱めたいと思った。
「扱けよ、自分で」
繋がれた手を、硬くなったシム自身にかぶせて。
促すとシムは。

手綱のように手をつないだまま。
もう片方で自分のものを扱く。

俺の名前を、つぶやきながら。
俺が好きだと、叫びながら。
登りつめていくシムがとても哀れに思えた。

「そんなに、いいか」
頷くシムに。
「いいヤツ紹介してやるよ。ぶち込んでもらえ」
首を横に振る。悲し気に見つめられても。
お前の言葉が俺を縛る。

「代わりだろうが。黙って従え」
どんな女だったか知っているなら。
代わりになる気ならどこまでも落ちていけばいい。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR