FC2ブログ

【Ameba救済】Almond Eyes 41

自分でも信じられない。まだ出会って間もないのに。
しかも……男、なのに。
俺はまさかの、アナル、ってやつを身をもって体験してる。
そしてどう見ても……俺の下で喘いでるのは男、なんだけど。
巨乳でも華奢でもないのに、とてつもなくセクシーで、可愛い。
俺の一部はユノの中にずっぽり入って。
動けないけど、動いたら多分ひとこすりも、いや、ひとたまりもない。

「せんせ……動いて、いいのに」
俺が気を遣っていると思ったんだろう、ユノが甘えるように言う。
「痛く……ない?」
正直に言うときつすぎるのとすぐイッちゃいそうで動かせないだけ。
なのにこくん、と頷くユノが、可愛くて。
「動いても……いいの?」
「うん。いいよ」
期待している顔を見たら。
思わず、本当のことを口走ってしまった。
「気持ちよすぎて……すぐイッちゃうかもしれない」
言うとユノは妖艶に微笑んで。
俺の唇を指でとんとんとつつきながら、言う。
「うん。何回でもイッて。先生が浮気できないように搾り取ってあげる」

うわ。もう今のだけで。
可愛すぎて、エロすぎて。
ごまかすために咄嗟にユノを抱きしめ、舌をねじ込みながら。
腰を軽く押し付けただけで、イッた。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Almond Eyes 40 

「俺のでいいのか?」
「……え?」
うっとりした表情のまま、ユノは意味が分からないといった顔をする。
「満足させてやれるか……わからないぞ」
わざとそう言うと、ユノはまた拗ねて唇を尖らせた。
「もぉ……ヤキモチ妬きなんだから……。欲しいの、早くぅ」
甘える目で俺を見つめギュッと抱きしめて。
ぶちゅっと、その厚い唇で俺の唇をふさぐ。
舌を入れられてもう、焦らすのも難しい。

手早く装着して、ユノのそこに。
あてがう。ああ、ついに。
未知の扉を開いてしまう。ユノの体と共に。

さっきまでユノが指を入れていたそこに。
今にも出ちまいそうな俺を、挿れる。
あまりのきつさになかなか入っていかない。それがまた、よくて。
体を割り開く感覚がたまらない。

ユノはもうのけぞって声を上げてる。
先生、好き、もっと、と譫言のようにつぶやいて。
足を絡めてくる。少しずつでも、入っていくだけで気持ち良すぎて。
「あぁ……ユノ……。好きだ」
「俺も、好き。先生のこと……好きだよ、本気で」
真剣な目で見つめられて。
信じたいけど……信じていいのか、なにより体が、よすぎて。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Almond Eyes 38

はあ、と大きく息を吐きながら、指をゆっくりと入れて。
うっとりと背をそらせる。エロすぎて……目が離せない。
「あっ……ん……、きもち……ぃ」
気持ちいいって、どっちがだ? 俺の手の中か、それとも。
自分で……慰めてる方……。
差し込んだままの指を、どうやら中で動かして。
それがいいポイントを突くのだろう、時々ビクッとして声を上げる。
いつも……こんなことしてるのかなこの子……。

あんまりエロすぎて、ユノのを擦るのも忘れ、ただただ美しく喘ぐユノを見つめていた。
女のひとりエッチならAVで見たことあるけど……。
本物の、しかも男のがこんなに色っぽいなんて。
下では指を出し入れしつつ、自分の指を咥える。なんかもう、すっげえ。
しばらくユノの姿を、見ていたら。
「ん……せんせ……、舐めて」
「えっ」
熱っぽい目で俺を見つめ、左胸を手ですくいあげるように持ち上げ、見せつけて。
ダメだ、もう。
ユノを押し倒した。胸に吸い付くとユノは嬉しそうに声を上げた。
「……先生、好き」
目を潤ませ、ぽってりと柔らかな唇を濡らして吐息混じりに言う。
「俺も好きだよ、ユノ」
ああ、もう。
こんなエロすぎる顔されたら、負けを認めるしかない。
年下に振り回されてたまるかなんて思ってたけど。
ユノになら、振り回されたい。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

【Ameba救済】Almond Eyes 36

一瞬の開放感、同時に……気まずさっていうか自己嫌悪、ユノはそれをどうするんだろうと考えるだけで恐ろしい。
見えないように処理するんだろうな。あ、でもティッシュ……とか思ってたら。
ごっくん、と飲み下す音が聞こえた。う……。

ユノは布団からゆっくり顔を出して俺を見る。その目が、だいぶ。
うっとり、してる。
「ねえ……俺も気持ちよくして」
え、と内心思ったけど、自分だけしてもらっといてそれはないだろ。
勇気がいるけど……と思ってたら。
「う、ん」
「ある? あれ」
「……え?」
しゃぶるのにそれはいらないはずだろ……と思った、けど。
もしかして……。
ユノはベッド脇の引き出しを探ってあれを見つけて俺に差し出す。
「挿れるのは同じだよ。場所はちょっと……違うけど」
「で、も……大丈夫、なの?」
「うん。してみたくない? 先生」
興味はある。ものすごく。誘う目につられて頷いた。
「もう、できる? 今出したばっかりだよね」
ユノのその目と、恥ずかしそうな顔のくせにエロく白いカラダとか見てると。
もう、すぐ勃っちゃいそうだけど。
ちょっとだけ待って、と言おうとしたら。
「あ、そうだ」
ユノは甘えるような目のまま、俺を見つめて言う。

せんせ、俺のひとりエッチ、見てくれる?

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村


 


どっひゃーーーーー
この子どーーなってんだああああ

と混乱仕しきりではございますが大人の余裕でポーカーフェイス(のつもり)です
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR