FC2ブログ

Winter Rose with U 05

風邪、ひくよ。・・・いいから。
お風呂、入ろう? ・・・もう!
口ふさいで闇雲に舌動かして、すごく興奮するけど。

一緒に腰動かしてるから、もっと興奮して息が上がる。
黙っていらんない。ユノが上に跨ってる僕の腰を掴んで。

わかった・・・から」
後ろ向いて。言われて、四つんばいになってユノを、待つ。
ほんとに、いい? 僕のそこに、あてがいながら。
もう、早く! 言った瞬間。
あ・・・! 一番いいとこで、止められて。
もっと、欲しい? ・・・うん、お願い・・・もっと!
本気で、行くよ?

いざ、本気でこられたら。
ユノヒョン、どうしたって止められないの、わかってたくせに。
本気にさせちゃったから・・・しょうがない。

二つの塊を押し広げるように、両手で撫で回しながら。
出したり入れたりを繰り返す。
あっ・・・あぁっ・・・。
自分の声が、こだまして、恥ずかしい。
僕の奥まで何度も何度も、繰り返し沈められるもの。
そうするだけで全身があわ立つような快感。

だってすごく好きだから、どうしたらいい?
その体に押し出されるたびに、奴隷になった気分で。
あなたになら何されても許せる。こんな快感を、くれるなら。

気持ちよすぎて、腕が震えて。ふらつく僕を、ユノがその腰だけ支える。
いっそ、ここだけあれば、いいとでも言いたげに。
そういうところがまた、好きなんだ。
僕がヘロヘロでも。
「・・・ごめん、ね」

リズミカルに僕を打ち付ける腰は、止まることはなさそう。
さっきまですごく心配してくれてたのに、こうなったら、もう。
きっと僕が吐こうが何しようが、ユノは自分が達するまでやめない。

もっと気持ちよくさせたくたって、僕も、力が入らないから。
ユノにされるがまま、人形みたいに扱われて。
ユノは僕の体を抱いて、キスをせがむ。

結構無理な体勢だけど、舌を絡めたら。
奥まで入れたまま、ユノが腰だけを動かし始める。

未練がましい舌を少しずつ、離して。
ユノが僕の耳に口付ける。・・・行こう、一緒に。
そう言って脇の辺りを、その指先がすっと撫でるから。
僕はそれだけで一足先に、迸る。

力の抜けていく僕を、マットにへたり込ませて。
繋がったまま無理やり、体勢を変える。
片足だけ持ち上げて、快感と同時に痛みを覚えるほど。
脳天に響くような突き上げを、何度もして。
声も出せずしゃくりあげる僕の中で、達する。

僕はさっき出してしまった後も。
ありえないくらい快感が続いて、真っ白で、おかしくなりそうで。
ずっと、声にならない声を、上げていた。

二度、三度と躍動して、僕の上に、倒れこむユノを。
その、震えるような荒い息を、感じて。
何で好きなんだろうな、こんなに、最初から。

途中ちょっと、いやになった時期も、あったけど。
こんなふうに、体をつないでからも、いろんなことがあって。
それでも僕はずっと・・・ユノだけを、愛してる。

はぁ・・・あぁ・・・あー・・・、疲れた。
少しだけ体を持ち上げて、僕を見て、笑う。

大丈夫? 気持ち悪く・・・ならなかった? ・・・なりました。
えっ、ごめん! ・・・だって激しいんだもん。
今どくから。・・・それはダメ。・・・え?
思わず笑う。嘘だよ。したいなら、最初からこうしてよ。

*****

やっぱり、チャンミンが相手だと、どうも、加減が出来ない。
こんなこと言ったら、浮気してるの? って、怒られそうだけど。
お風呂入って、あったまろう。いくら、体が火照ったって。
肩が冷え切ってる。首を振るチャンミンを、なだめて。
体を離して、洗ってから、湯船に浸かる。

*****

体がゆるゆるになっちゃうから、あんまり浸からないよ。
言っても、ユノは僕を抱きしめて放してくれない。
大丈夫。俺がぎゅってしてあげるから。
・・・甘いんだから。その笑顔見てると・・・照れくさい。

あー、あったかい。幸せのため息。
そうだな。ユノの笑顔見てたら、ずっと浸かっていたくなる。
・・あんまり浸かってたら、ふやけちゃう。そう?

結局、ベタベタ甘えたまま、お風呂も手をつないで出て。
体もお互いに拭いて、バスローブ羽織って。
あ、まだ飲み残し。ワイン、飲んで。
ユノはのんきに夜景見てる。早く、ベッド! 引っ張っても。

ほら、きれいだよチャンミナ。僕の腰を抱く、腕。
そのきれいな横顔。あなた以上に、きれいなものって、あるの?
・・・僕はさておき、ね。

あ、そうだ。
さっきルームサービスと一緒に、届けてもらったもの。
ユノの腕を離れて、玄関先のワゴンへ戻る。
いい匂い。両腕で抱えるほどのバラの、花束。

ゆーの! なに? 振り向くユノに。
バラ。ああ・・・きれいだな。でしょ? 
深い赤だね。うん、アマダ+って言うんだよ。
きれいだ。花言葉はね、「最愛」だよ。

ユノに花束を渡したら、俺が、あげたかったなあ、って。
いつになく大きいかばんから、小さなブーケを取り出す。

白いバラ。今日、ホワイトクリスマスになると、思ってたから。
ブーケに差し込まれてたカードに、バラの名前と、花言葉。
ティネケ。私はあなたにふさわしい。

ユノがくれたブーケは、ベッドの棚に置いて。
僕が買ってきたバラは、半分はいけて、半分はその花びらを散らして。
いい匂い。うん、すごく。汚しちゃわない? ふふ。ちょっとくらい。
そうだね。抱き合って、口付けて。

甘い香りに包まれて、あなたと抱き合う。
ねえ、あなたがくれたバラは。
「愛の吐息」って意味も、あるんだよ。

チャンミン。・・・はい。
チャンミナ。・・・はい?
チャンドラ。・・・お?

今年もいっぱい、ありがとう。僕の、方こそ。
裸になって、抱き合って。
もう、寝よっか。・・・え? 寝るの?
あれ、寝ない感じ? 僕といて、何もしないで眠れるの?
どうしようかな。だって、いい匂いだし。
眠くならない? ・・・眠たく、ない。

ひたいのキスは、友情。
まぶたのキスは、憧憬。
その手首を、引き寄せて。
キスしたって意味、わかんないよね?

結婚式の、口付けは。
永遠の誓いを封印するため。
ねえ・・・ユノ。
また、雪が降り出した。ふたりで窓の外、見つめてから。

もっと好きに、なっても・・・いい?
心の中で、つぶやいて。
口付ける。今度は、欲情のキス。
ふたりで、夜を分かち合うための、キス。

あなたを、もっと感じさせて。

体の奥にその愛を感じながら、僕は。
ひとりひそかに、あなたへの愛を誓う。

何年たっても、何十年先も、あなたと。
ひとつのベッドで、こうして、あなたと。
眠っていられたら、いい。

この幸せを、みんなにも。
・・・Merry Christmas!




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんなに…(笑)

きおさん

14ページもの作品は、ブログに転載しても5回分でしたね…
こんなに書かせて申し訳ありませんww
でも、巻頭にふさわしい中編の作品になりました♪


甘ーい二人、幸せなクリスマスプレゼントになった方もきっと多かったことでしょう。


キスの場所に意味があること、なんとなく聞いたことはありましたが、このお話で理解いたしましたww

きおさんのお話でいろいろ学ばせていただいてますww

さんきゅ!




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

たえさま、いつもありがとうございます。

みなさん素晴らしい書き手さんですもんね。
私も精進せねば・・・

今後ともよろしくお願いします!

Re: こんなに…(笑)

ちーこさま、いつもありがとうございます。

そーなんですよ、結構な分量・・・
案外ありましたね。
私が細切れにしたいだけなのかもしれませんが。

キスの場所の意味、いろいろあるようです。
手首ってなんか不思議。

今後ともよろしくお願いします!

Re: No title

yukiyuki さま、いつもありがとうございます。

メリークリスマス。
本当に、幸せな夜を過ごしていてほしいです!

今後ともよろしくお願いします!
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR