FC2ブログ

旦那の嘆き 06

たまに、友達と遊ぶと、楽しい。
やっぱり、こういう世界の人ばっかりじゃなくて。
昔からの僕を知ってる人と。
気兼ねなく笑えるのって、楽しい。

で。
そんなこんなで上機嫌で帰ってきたら。
「・・・お帰り」
そこはかとなく不機嫌な感じで。
チャンミンが、ご飯を作ってくれていた。

「あ。食べてきちゃった」
何気なく言うと、ガン! と、ボウルを置いて。
「お?」
「え、だって・・・あ、チャンミン、今日来ないと・・・思ってたから・・・」
「は? 来ない、だと?」
てんぷらを作っているらしく。
顔を照り照りさせながら作っているその姿が、いとおしい。
「うん。だって・・・」
「だってじゃ、ねえよ! あ」
怒ろうと思ったんだろうけど、てんぷらは待ってくれない。
YES! きっちりガッツポーズ。うまいこと、あがったらしい。
ふー。安堵のため息をついてからまた、僕に向き直って。

「来ない、じゃ、ねえだろ。ここ俺んちだ」
「うん・・・まあね」
実家帰ってるくせに。まあ、いろいろわけありだけど。
「せっかく俺がこうしてめんどくさいのにてんぷらまで揚げてだ。
 ユノ早く帰ってこないかな~っつって待っててやってるのに」
また始まった・・・。
「なに? あ、食べてきちゃった。だと?
 この俺の努力・・・あ」
次のが、揚がったらしい。
忙しいなあ、揚げたり、怒ったり。

「ごめんね、あの、てんぷらさんに集中してあげて」
「るっせえんだよ、誰のせいで・・・! お」
カラカラいい音を上げて、次々と揚がるてんぷらに。
チャンミンは気を取られてる。
僕は、まだ続くんだろうなあ、お小言・・・と思いながら、テーブルに着く。
ぶつぶつ文句いいながらも、次から次へとてんぷら揚げて。
冷蔵庫を覗いたら、やっぱり、黄金色の飲み物がいっぱい。
自分がビールのつまみにしたかっただけのくせに。
ほんっと、かわいいんだから。

結局なんだかんだで、しっかりしたてんぷらだけじゃなく。
スナックみたいなのも、作っててくれたから。
油だってしっかりカロリーオフのやつですからね! って、威張ってるけど。
チャンミンはさあ、太らないからいいけど。
僕、こんな時間から油もの食べたら太っちゃう・・・。
また酔っ払って抱きつかれておっぱい撫でられて。
「やーっぱユノのおっぱいはさわり心地いいなあ~」とか。
「やせろーしぼれーぷにぷにー」とかって、おなかの肉つままれたりするんだろうな。

チャンミンたらホント、意地悪なんだから。
でも、いっつも僕のことばっかり考えてくれてる。

お片づけ、全部させられて。
油は危ないから触らなくていいって、子ども扱いされて。
チャンミンはたらふく食べて飲んで上機嫌。

「あ、桜見に行きましょう」って、言うから。

もう、だいーぶいい感じになっちゃってる、チャンミンを。
車に乗っけて、山の上のほうまで、連れてって。

窓開けて、ふんふん鼻歌うたってる、チャンミンに。
心の中で、ありがとうって、言うんだ。

さあ、着いた。眠そうな、チャンミン。
降りよう。言ったら、おんぶ! だって。

まったく・・・重たいのに・・・。

でもこれでいやとか言ったらまた、うるさいから。
はいはい。おとなしく、おんぶしてあげる。
あんだけ食べても、僕の背中に乗るときは、ふわりと軽い。

・・・きれい。うん。
きれい。・・・うん、きれいだね。
好きだなあ。・・・うん、僕も好き。桜のことだと思ったら。
ゆの。・・・ん? ああ、ありがと。

うっそ。桜が! はいはい。
ユノなんか・・・。言いながら。
今日、楽しかった? って、ちょっと寂しそうに。

楽しかったよ。・・・そうだよね、昔からの友達だもんね。
でも、今はもっと楽しい。・・・ふん。とってつけたみたいに。
バレてるな。思ったけど。
そんなこと、ないよ。僕には、チャンミンがいないと、ダメだから。
ふふん。いい調子になって、チャンミンはまた小言を始める。

大体ユノは俺がいなくちゃダメなんだから。
ご飯なんか俺がいないときだけでいいの、あとはまっすぐ帰ってくれば。
俺がちゃーんと部屋も片付けてやるし、ぷにぷにしないように考えてあげるよ。
な? 憎まれ口を叩きながら、僕にギュッと、抱きついて。

首に回される腕を、掴みながら。
寂しかったのかなあ、なんて。
あの大きな木の、下で。
チャンミンを下ろして、二人で寝転がる。

ちょっと、寒い? 寒いかな。あったかそうな顔、してる。
酔ってるしね。
花びらはまだそれほど、散らない。また散る頃、見に来よう。

だって、チャンミン、寝ちゃってるから。
照り照りした唇に、桜の花びらがくっつく。かわいいから。
花びらごと。
食べてあげる。

ねえ、チャンミン。
桜の木と、お月様が僕たちを、見ているよ。
眠っているときが一番、かわいいなんて。

チャンミンってば、本当に、ツンデレラなんだなあって、思った。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今晩は♪
天ぷらを揚げながら、旦那の帰りを待つミンが健気過ぎます(T-T)
寂しいのに素直に寂しいって言えないミンがいじらし過ぎて可愛いですねー!
実際はなかなかお花見に行けない二人でしょうが、どこかで桜、二人で見れているといいですね(*^-^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんか、いいなー

最後までニヤニヤしながら読ませていただきました。こういう日常、やっぱり安心出来る感じ?いいですねー。別居してるくせに二人の距離感が全然前と変わらないのは、こういう日を本当に過ごしてそうで。やっぱmizutamaさん、すごいわー。

Re: タイトルなし

たえさま、いつもありがとうございます。

てりてりチャミw
一生懸命お料理してますからね!
だんなのために頑張りますよ☆

Re: タイトルなし

りんごさま、いつもありがとうございます。

そうです・・・
だんなのためにいつも頑張るけなげな嫁。
いつでもどこでもユノのためなら頑張ります・・・!

Re: ゆったりとした時間を

RENA☆ さま、いつもありがとうございます。

んふんふ。
そうですね、俺んちです。
いつ帰ってきてもいいし、できればずっといたらいい! んです。
離れていなくちゃならない必要なんかないのにね・・・。

Re: う~ん

yucomaxさま、いつもありがとうございます。

リアルホミンw
だといいですね・・・!

こんなふうにラブラブに過ごして欲しいです。

Re: 。゜(^o^)゜。

りなちん、いつもありがとうございます。

実家にいるといううわさではありますが
家は別にあるという話ですねー
マンションあるみたいだし。

てんぷら。大変ですよ揚げ物は。
でも頑張るの・・・ヒョンのために・・・!

Re: おはようございます。

くまこさま、いつもありがとうございます。

てんぷらって面倒ですよね。
私も全然やってませんw
なので、チャミに作ってもらいました・・・!

うちにもつくりに来て欲しい・・・(妄想ですがw)

Re: No title

yukiyuki さま、いつもありがとうございます。

桜、たしかにふたりとも喜びそうですね。
心が潤うと幸せですし。
リアルにいちゃこら・・・ぜひともw

Re: なんか、いいなー

mahina さま、いつもありがとうございます。

ふたりが当たり前にイチャコラしてくれるのが
やっぱり幸せですよね。
それがどういう意味であれ・・・w

パスワード

あなたのブログはドストライク~
クオリティ高いし是非是非全部読み漁りたいのでパスワード教えてくださいね

Re: パスワード

ジュンさま、はじめまして
お問い合わせいただきありがとうございます

メール送ったのですがエラーメールかえって来ました~
すみませんが再度ご連絡をお願いします・・・!
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR