FC2ブログ

春の記憶

あの頃は、よかったなあって。
思い出すのも遠くないくらいの。
まだこの手のひらにあると思っていたものは。

幻だったのかも、しれない。
僕はいつもあなたが隣にいると思っていたけれど。
あなたはきっと僕より少し先を歩いていて。
手をつなぎたいと思っても、それは愛しているからじゃない。

あなたは、兄として、僕に。
手を差し伸べたいだけ。

心配してなんて言ってないよ。
無理して世話やいて欲しいなんていってない。
甘えられたいんだ。でも。

あなたは、無意識に人を選んで甘えて。
一番甘えて欲しい僕には、強がりばかり。

素直じゃないね。そう、思うけど。
きっとそういうことじゃ、ないんだね。
僕があなたを好きすぎて。
僕があなたを見失ってる。

・・・ねえ。
あの日、ふたりで春を見たよね。

a1380_001180_convert_20130516205151.jpg

僕は幸せは手の届くものだと思っていた。
そして一度結んだ信頼は続いていくものだと。

僕があなたを裏切ったことが、ある?
あなたは裏切られたように思っているのかもしれないけれど。

無神経なのは、どっちだよ。

どうして涙が溢れるんだ。
どうして。
僕はあなたを愛しているのに。
あなたはその愛をストレートに僕に示してくれないの?

勝手に、あなたの虚像を作り上げて。
その中に当てはめて。
・・・そうなのかも、しれないね。
だって、愛しているんだよ。

「いつまで怒ってんだ」
「怒って・・・なんか」
「変に気を回しすぎだよ」
肩を抱かれて。
でも、悔しいからもたれたくない。

ほら、力抜けって。
そばにいたって、いなくたっておんなじだ。
心の距離なんて誰が決める?
俺は、お前を信じてるよ。いつも、変わらずに。
距離を感じることなんて、ないんだよ。

好きならば、ただ愛すればいい。
愛するなら、無償の愛だ。
求めるなら、それは恋だろう? 下心って、言うじゃないか。
愛するなら。

ユノが、胸を軽く叩く。
心は、真ん中にあるはずだろ。・・・かっこ、つけちゃって。
何も言えずにいる僕の頭を、いとおしそうに引き寄せて。
ぐっと、撫でてくれる。

・・・ねえ。いつもそばにいてよ。
もっと信じていると、言って。
愛していると言って。

花を見て心が癒されるのは。
それだけ心が、乾いているから。

あなたに、飢えているから。

・・・だから。
思い出す。あなたと見たたくさんの、花を。
何よりも、その花の中で。
輝く、あなたの笑顔。

ずっと、そばにいて。不安にさせないで。
春の、淡い光の中で、あなたと。
ずっと花の道を歩く、夢を見た。




---------

すごく素敵な写真素材を上げている方がいます。
ここでも何枚か、FC2小説の表紙でも何枚か
使わせていただいています。

この人の撮る写真がすごく好きです。
いつもお礼は申し上げておりますが
さすがにこんなサイトに使わせていただいているとは
言えませぬ・・・。

その方の作風に恥じない、お話を・・・
まあ、ジャンルはあれだけどさ・・・
書けたらいいな。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR