FC2ブログ

Ballad 14

守られて生きてきた。その言葉に。
これまでの平凡な人生が思い出される。
確かにそうだ。確かに僕は守られて生きてきた。

そして・・・あなたにも。
よく、見せてください、それを。言う、彼に。
ロザリオをはずして、テーブルに置く。

大事なものだから、と、手を触れることなく。
テーブルに置いたままのそれを見て、彼は涙を零した。
どう・・・したんですか? ・・・いえ、ただ、少し。
昔見たことのあるロザリオに、似ている・・・ものですから。

何か、思い出があるのですか? ・・・はい、とても大切な。
懐かしそうに、遠い目を、する。目の前に僕がいることを忘れているような。
愛した人の、記憶です。今、その人が幸せでいてくれることだけを。
祈っています。もう、長い間ずっと、それだけを祈って生きてきました。

僕を見つめる。私は、神を・・・信じない。神への信心は。
遠い昔に、置いてきました。・・・どうして、ですか?

あなたは? 時々彼は、僕の問いには答えない。
僕の答えから、僕へ話す言葉を、考えているように。

・・・僕は、キリスト教では、ありません。・・・そうでしたか。
特に何か、信心があるわけでも、ありません。彼は、深く頷いて。
きっと、心が強いのですよ。彼が、笑うと、僕は。
なぜかとても切ない気持ちに、なる。

私が、神を信じなく、なったのは。・・・いえ、信じなくなったわけでは、ありません。
今も、神は存在すると信じています。でも、私には神へ忠誠を誓う資格が。
ないのです。私は、神を裏切りました。神に、なぜ助けて下さらなかったと。
なぜ、あんな・・・惨い。言いながら、また、涙をこらえている。

思わず立ち上がり、その背に、腕を回す。
私はせめて、あの人を・・・助けて、欲しかった。
私はどうなっても、よかったのです。・・・それなのに。
助けては、下さらなかった。恨みました。自分が犯した罪を、忘れ。
自分の罪の重さを省みて、そのうえで私は・・・神に背いたのです。

・・・だから、もう。
私の中に神は、いません。神への忠誠を誓うことは許されない。
ただ、懐かしく・・・幸せだったあの頃を。
思い出すのです。この、形に。この・・・形に。

知らず知らず、僕は。
あなたを、抱きしめていた。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR