Crossover-T with Rin/Very Merry X’mas 04

その手が伸びてくるのは、やっぱり。
どうなってるかわかってたって、恥ずかしい。

こんな、無垢な子供たちの前で。
欲望丸出し、なんて。

ダメ、だよ。ユノが、僕を出そうとするのを。
抑えるけど、ユノはお構いなし。
自分のも、僕のも出して、キスしながら、抱き合ってお互いのが重なり合うのを。
愉しんでる。

先っぽを重ねて、擦り合わせて。
キス、してないと、声が出ちゃう。

「だっ・・・、め、だって、ユノ」
唇が、離れたときに。
そこに、手をやる。もう、ベタベタになってる。

なんで? ダメなの? って、言うけど。
ダメに、決まってる。こんな状況で。

ちょっと、部屋、寒いかなあ。いいながら、ユノが。
さっと立ち上がって、毛布を2枚、もってくる。

ゆのたんたちには、もうかかってるのに、もう1枚、ふたりにかけて。
もう1枚を、僕たちでかける。
むこう、向いて。何、考えてるんだろう? いぶかしげに思いながらも。
ゆのたんたちのほうを、向いたら。
「・・・あ!」
ズボンを、脱がされる。ホントに、する気だ。ユノってば。

そんなこと・・・したら。焦る僕を尻目に。
大丈夫。いきなり、撫でられて、挿れられる。
声が、出そうになる。後ろからしっかり、手で口を、ふさがれて。

ほら、可愛い顔して寝てるだろ。いいながら、少し体を起こして。
繋がれたままだから、ちょっとの動きでも、感じる。
声が出そうになると、その指を噛んで。

あっぱぁ・・・。リンの、声が聞こえる。
「どうした? リン」
言うユノに、驚く。
今、どんな状態になってると・・・思って。離れようと、したら。
ユノが片腕で僕の腰を抱いて離れない。

ゆのたんも、一緒にいるよ。あっぱ、そばにいるからね。
安心しておやすみ。寝ぼけたままのリンに、そう声をかけて。
近づいて軽く髪を撫でてやれば。

リンは、おとなしく目を閉じる。・・・よかった。安堵したのもつかの間。
ユノは僕を、うつぶせにして。

ちょっとくらいなら、動いても、大丈夫だよね? って。
耳元で囁く。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

りん~!

お舟、ゆれちゃうね!(笑)
ゆのには敵わない!!(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: りん~!

まろり~なさま、いつもありがとうございます

ですね。なんだかんだ言いながら自分の思いを貫く
エロヒョン・・・w

Re: タイトルなし

チカ* さま、いつもありがとうございます

そうですね、そういうことよくある・・・w
あのドキドキがいいのかなあ・・・なんていってる場合ですかw
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR