Apprenti 137

電話を切って、思わず。
枕を抱きしめる。・・・涙が、出た。

来いとは、言ってくれなかった。
僕なんか・・・いらないみたいに。

今すぐ家を出たところで、今までみたいに。
今夜中にあなたに会えるわけじゃない。
あなたの言葉の真意が聞きたくても、電話やメールしか、手段がなくて。

よく考えろと、何度も言われるけど。
もし僕が行かない選択をしたら、このまま終わってしまわない?
忙しさや、距離を理由に会わなくなって。
会わなくなれば、恋心さえ泡沫の如く、消えてしまう。
それが、怖いんだ。

仕事を辞めると決めた日を、明日に控えたその日。
見知らぬお客さんが、帰り際、僕にと小さな紙袋をよこした。
その中には、美味しそうな焼き菓子と、折りたたまれたメモが入っている。

几帳面そうな四角い字で。
店の名前と時間、話があると書かれている。
差出人は誰なのか、名前は書いていなかったけど。

この字に、見覚えがある。

「お待ちしてました。・・・どうぞ」
僕をじっと、見据えて。
仮面のような笑顔を、貼り付ける。
「オーナーが変わりましたが・・・お店で何か変わったことはありますか?」
「特に・・・ありません」
「じゃあ、あなた自身は・・・どうなんです?」

冷静に、言い返されて。
何も、言い出せない。僕から、何を聞きだしたいのか。その意図がわからない。

あなたの考えることくらい、分かってますよ、チャンミンさん。
あなたは全てを捨てて、ユンホさんのところへ行こうとしているんでしょう?

どうして・・・それを。つぶやく、僕に。
カラムさんは意地悪く笑う。

まだ、わからないんですか?
あなたの存在が、彼の足を引っ張っているんです。
それでもあなたはしつこくすがりつくつもりなんですか。

・・・恋人が、聞いて呆れます。あなたがいる限り、ユンホさんはいつまでたっても。
一人前にはなれません。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR