初めて恋をした日 202

■ U-Know See

これ以上、君にくっついてたら、どうするか分からなくて。
夢で抱いた君を、思い出してる。
あんなふうに、できるわけ、ないのに。
触れていたら、そうしてしまいそうで。

ごめんね。離れて、引き起こして。ご飯食べようって、言えば。
君は少しだけ不満そうな顔をする。
かわいい。怒る君も、笑う君も全部好きだよ。
全部、俺だけのもの。

「なんか、怒ってるの?」
聞いても、君は全く相手にしてくれない。チャンミン。何度もその名前を、呼んで。
あとで。言われるから、離れようとしたら、君が俺の腕をつかむ。

もっといっぱい、一緒にいてよ。その言葉から。
週末もふたりでいたかった。お母さんが来るから、お母さんも一緒に食事したかったと、言われて。
お母さんが来てくれるなら、君も寂しくはないだろう。
でも、お母さんにも、会いたかったなって、思う。

よかったといえば君は、なぜかムッとしたように僕に振り向いて。
いつもの泣きそうな目で見上げた後、俺に抱きつく。
一緒にいるよ。かわいい君。君のそばから、離れるわけがないのに。
どうして、そんなに心配するんだろう。

「一緒に・・・暮らしたい」

その言葉に、全身が熱くなる。
一緒に暮らせたら、俺のことだけ考えていられる。遠くから見つめるだけなんて、いやだと、訴えられて。
そうできたら、どんなにいいだろう。目が覚めても、眠るときも、君がいつもとなりにいて。
好きなだけ、君と愛し合うことができる、毎日。

でも、そうしてしまったら。
君の人生が、変わってしまうかもしれないから。

一緒に暮らせたら幸せだけど、どこにも行けなくなりそう。
それとなく、一緒には暮らせないと、伝える。
見上げる君のおでこに、口付けて。

一緒に、ご飯。君は少し元気が、なさそうで。
具合でも、悪いの? ・・・違います。
やっぱり、まだ怒ってる。一緒にいる時間はずっと、笑っていてほしいのに、俺が怒らせているのかな。

ふたりでお風呂に入って、体を洗いっこして。
明日はお母さんが来るから、あんまりそんなこと、しないほうがいいなって、思ってたって。
君が甘えた目で俺にくっついてくるから。

軽いキスを、繰り返す。
「ねえ、ユノ・・・ヒョン」
囁くように言う、チャンミンのその声が好きだ。暗がりの中で、見つめあう。
「母さんがいいって言ったら・・・一緒に、住んでくれる?」
あ。伝わってなかった。それとも、君は。
思わず、苦笑する。いつものかわいい我儘。
「お母さんは、チャンミンの言うことなら、反対はしないと、思う。
 でも、きっと変に思うよ。なんて説明、するの?」
唇を、尖らせて。
「ただ、一緒に住みたいって、言う」
その、無理やりな感じに、笑うと。
「なんで、笑うんだよ。僕は・・・ホントに、ユノヒョンと」
「友達と一緒に住みたいなんて、言ったことある?」
「・・・ない」
「だったら、やっぱり」
「ユノヒョンは」
責めるような目。どうされたって、俺は。
君が可愛くて、しょうがない。

「僕と、いっぱい一緒にいたく・・・ないの?」


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR