Adieu 02

あれから誰に出会っても、恋なんかできなかった。
あの日まで僕は、男の経験などなかった。痛くても、耐えたのだ。
彼が喜ぶならと。
絶対に無理だし、受け入れるべきではないと思った。体が壊れてしまう。汚れてしまう。
それでもいざ、心を決めたなら、抱き合って風呂に入ってみれば。
僕の体は以外にも容易く彼を受け入れてしまった。

酔いが覚めないうちに、風呂を出てからも。
求めに応じて愛し合った。彼が愛した相手は男なのかもしれなかった。
そんなことどうでもいい。あまりにも覚悟のいる決断ではあったけれど、後悔はしていなかった。
そこから、何かが始まるかもしれないと、淡い期待をしたから。

ただの戯れだったのだと、思い出と言い表すには、あまりにも。
僕の代償は大きかった。お互い酔っていたとはいえ、初めての行為を、初めての朝を。
彼は短い手紙ひとつで切り捨てた。
アデュー、神の御許で。確かにそうだ。罪を償うのなら、誰にでもない、神の御許で。
僕は泣いた。自分の浅はかさと、もう会えないあの人を思って泣いた。

その彼が今目の前にいる。
「初めまして」
彼は曇りを微塵も感じさせない爽やかな笑顔で、僕に右手を差し出した。
その目には戸惑いも演技も一切感じられない。

まさか、本当に覚えてないのか。もしかしたら。
すっかり忘れた演技を? 躊躇して、その手を握り返すことができないでいると。

「ごめんなさい。あなたのお姉さんを奪いにきた男と、握手なんかできないですよね。
 これから時間をかけて、仲よくなってもらえたら、うれしいな」
寂しそうに僕を見つめるその目には。
僕との記憶は、かけらもなかった。

あまりのショックに。
「チャンミン!」
その場に倒れこむ。

このまま消えてしまいたかった。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR