初めて恋をした日 204

■ U-Know See

一緒にいたい、暮らしたいと、繰り返し言う君に。
どう諭したらいいか、わからなくなる。
一緒にいたい気持ちは、俺だって同じ。むしろ俺のほうが、強いくらい。

だけど、一緒に暮らしたり、したら。
抑えられないよ。こんなふうに、一緒にベッドに入っているだけで。
君が欲しくて、たまらないのに。

大学に合格したら、君はきっと。
この町を出て行く。・・・そうなった、とき。

君は実家に帰るかもしれないし、この家を出るかもしれない。
その環境になってさえ、君が俺を求めてくれるなら。
そのとき、考えようって言ったら。

ずっと一緒がいい。甘えた目で。
君のわがままには、慣れてる。そのかわいさにも。
慣れてるけど、慣れるということは。
耐性ができることと、イコールじゃないんだね。
俺は君にとことん弱い。望まれたら、何でも与えたくなる。
だけど、こればっかりは。

一緒に、暮らしたりしたら、二度と離せなくなる。・・・だから。
困るのは、君だよ。軽く抱き寄せて。

今だって、わかる? どんなに君が欲しいか。
きっとそれは君が望むような優しさじゃ、ない。

理屈じゃなく、好奇心でもなくて。
どうして抱きたいと、思うんだろう。
わかってる。女性みたいな体じゃ、ないって。
それでも。

君と繋がりたいと、思うことは。
自然なことなんだろうか。
ただ、この欲情を鎮めたいだけ? 君に対して、女性みたいな役割を、求めて。

困らないもん。俺にしがみつく、君を。
どうしたらいいんだろう。怖がらせてしまうのは。
・・・本意じゃ、ない。
好きだから抱きたいと思うのは、当たり前のことなのに。
どうすれば、いいかな。また、口付けて。
君はすぐ吐息に塗れる。

明日は、君のお母さんが、来るのに。
こんなふうにして、しまったら。
いけないんじゃ、ないかな。思いながらも、止められない。
君を咥えれば、すぐに。
その細い指が俺の髪に差し込まれる。
あと少しで達しそうな君を、放して。
手のひらで優しく、その下についているものを、揉んで。

君はその不思議な感触に戸惑ってる。
足を開かせて、そのあたりを、舐め始めたら、恥ずかしそうに身をよじるから。

今から、それ以上のことをしようとしているのに。
やっぱり、恥ずかしいんだよね。
俺だって、どうしたらいいか、分からない。・・・だけど。
君を、全部知りたい。
知らないところがひとつもないくらいに。
その塊の付け根から。
そこへ繋がる細い筋みたいな部分を、舐める。

君は、いつも以上に体を震わせて。
羞恥に、はかない声を、上げる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR