Adieu 19

姉さんの電話が終わる頃を見計らって挨拶をしてから、家に帰る。
週末は家族で食事。僕が家を出てからも続いてきたこの行事は、いつまで続くのだろう。
バイトが入っているときはいけない場合もある。それでも、姉さんに頼まれたら無理してでもいくしかない。
幼い頃から母さんに言われていた。お前は男なのだから、姉さんを守ってあげなさい。
お互いただひとりのきょうだいなのだから、助け合っていきなさいと。

僕は姉さんが大好きだった。少し年の離れた、美しい僕の姉さん。
美人でスタイルも良くて、連れ立って歩けばみな振り返るほどの自慢の存在。
そんな姉さんを、弟という立場だけで独占できる。おまけに僕は姉さんに溺愛されていた。
いつでも何をするのでも一緒。僕が男の友達と遊びたいときでも、姉さんに泣かれれば姉さんを優先していた。

でも、姉さんはなぜか。
僕がどんどん、男の子じゃなくて「男」になっていくことを恐れているようだった。

「チャンミンはかわいいから、女の子になりなさい」
幼かった僕は、姉さんの着せ替え人形だった。姉さんのお下がりを着て、姉さんとおままごとをして。
女の子のような仕草、僕は体型も女の子みたいだった、ふたりで外を歩けば女の子と間違えられたりもした。
それがおかしなことだと気付かされるまで僕は、当たり前のように姉さんと同じ女の格好をしていた。
ある日、学校の友達に、女の格好をしていたことをからかわれて。
激しくショックを受けた僕は、母さんを問い詰めた。どうして僕のしていることがおかしいことだったなら。
姉さんがしていることがおかしいことだったなら、止めてくれなかったのかと。

母さんは言った。テヒは、かわいそうな子なの。あなたがもう少し大人になったらすべて話すわ。
テヒにもちゃんと伝えておくわね。あなたが女の子の格好をいやがっていること。
・・・でも、もし、あなたが、テヒのことをとても大事に思うなら。

時々はテヒのわがままに付き合ってあげて。テヒは、妹が欲しかったの。
妹には、なれなくても。
愛される、守られる存在でいてあげて頂戴。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR