gadget second 03

■Side-M

ジョンスさん、すごくいい人なんだけど。
無駄にいろいろ知りたがる人で困る。
俺とユノが一緒に暮らしてる件については、ユノが話したことが全てだから何も問題はない。
ふたりの間に何が起きているかは他人に言う必要はないことだから。
ただ、ちょっと・・・やりづらい。

ユノは残業。俺の持ち場はすでに終わって、先に帰ることになったから。
買い物して帰る。今日は何食おうかな・・・。
ユノ、最近太ってきたからな・・・あんまり肉食わせたらマズイな。
鍋、かな・・・なんてスーパーのカゴを片手に悩んでたら。
「あ!」
聞き覚えのある声。振り向けば。
「ジヘちゃん」
「チャンミンさん、おひとりですか?」
「はい。ジヘちゃんも?」
「ええ。今から彼の家に行くんです。夕飯何がいいかなーって」
「・・・ですよね」
「私今実家だからラクさせてもらってますけど、チャンミンさん大変ですよね毎日」
「はい。最近ユノ太ってきたんですけど、ヘルシーなやつでユノが好きな食べ物ってなんかあります?」
「そーですねえ・・・あ、鍋でいいんじゃないですか? お兄ちゃんそんなにお肉大好きってほどでもないんで」
「鍋、いいですね」

なんかふっつーに主婦みたいな会話しながら買い物して家に帰って。
支度してたらユノが帰ってきた。
「おかえり」
「ただいま」
「ジヘちゃんに会ったよ。駅前のスーパーで」
「あ、マジで? 元気だった?」
「元気だよ。ってこないだ会ったばっかだろ?」
「そーだけどさ、やっぱ気になるじゃん。連れて来なかったの?」
「彼氏んち行くって」
チッ、と舌打ちしながら服を着替えに行った。気に入ってそうだけどあんまりいい気はしないんだな・・・。
たまにこんな顔見ると、安心する。
「あ、鍋?」
「ジヘちゃんが、鍋がいいんじゃないかって」
「さっすが俺の妹だな! 鍋食べたかったんだ」
うれしそうなユノを見て。

鍋なんか食わなくたって、俺はもうあったまった。






-------------

衝動的に番外編を書きました。

お兄ちゃんの彼氏が嫁過ぎて笑う。

毎度の娘っこシリーズです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR