gadget second 04

■Side-U

「ジョンスさんって・・・さあ」
「ん?」
「なんか・・・俺らにすっげー興味ありそうじゃない?」

ベッドでいっぱい汗かいてから、眠る寸前、それとなく聞いてきたチャンミン。
なんか、かわいいなって思う。
「まあ、いいんじゃない? すごく優しいし、話しやすいよ」
「それは・・・いいんだけどさ、あんま・・・」
「ん?」
「ユノに・・・近づいて欲しくないっつーか・・・」
「ん? なんて?」
聞こえてるけど、わざと、聞こえない振り。
「あぁ? なんでもねえよ」
「そっか、俺にくっつかれるのがいやなんだ、チャンミン」
「はあっ? ちげーし! ってか聞こえてんじゃねーか!」
「うん。だってかわいいから、もう1回言ってほしくて」
言えば、チャンミンは顔を真っ赤にする。口をぱくぱくして文句言おうとするのを。
はい、よしよしって頭いいこいいこしたら、拗ねちゃって俺に背中を向ける。
かわいい猫背を、後ろから抱きしめる。
「なに怒ってんだよ」
「わかって・・・るなら、言わせんなよな」
「なんか心配してんの?」
「するに決まってんだろ。こないだだってお前・・・カイとすっげー楽しそうにしてたし」
「そーだっけ?」
ジョンスさんの歓迎会のとき、「ユノヒョンが行くなら、俺も、行きます」と参加表明したかわいいカイを。
隣に座らせていっぱい話して肩抱いたり酒を酌み交わしたことを。
よく思ってない。その日もがっつり絞られたから、もういいだろうと思ってたのにまだ引きずってたのか。
「そーだよ。俺いつも言ってんのに、必要以上にしゃべるなとかベタベタすんなとか世話やくなとか」
「はいはい」
「世話焼いてもらうなとか甘えんなとか話するとき相手をじっと見つめんのやめろとか」
「はいはい」
「ってお前聞いてんのかよ?」
体をねじって俺の顔を見るチャンミンを。
「うん、聞いてるよ」
ぎゅーっと抱きしめてやる。
「・・・まったく」
チャンミンは大きなため息をつく。俺の腕に手を添えて。
「お前にしてみりゃ笑い事でも・・・俺は真剣なんだよ。やなもんはやだ」
「・・・わかってる」
「どこも行かないって言ったってお前優しいもん。だから絶対すぐ同情して誰かに引っ張られる」

安心しろよ、お前だけだから。優しく抱きしめて。
嫉妬深くて甘えん坊な恋人を、こうして抱きしめられる幸せに。

・・・眠く、なる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR