FC2ブログ

222 Bed Room 02(CAT WALK SP)

のどの奥まで突っ込まれて、もう。
今にも吐きそうな僕に、薄ら笑いを浮かべながら。

髪を掴んで僕を引き離す。
そのまま、顔にぶちまけられた。

目のあたりについたのを、ユノヒョンは指ですくって。
その指を僕の口に突っ込む。

「うまいか、俺のかわいいネコちゃん」
しゃぶった指を、押し出すと。
まだあちこちについてるそれを、すくっては舐めさせて。
自分で舐めてみな。冷たくそう言い放たれて、仕方なく。
猫の毛づくろいみたいに、手の甲でそれを拭い取って、舐める。
「ほら、こっちもキレイにして」
まだ、僕の体から抜いたばかりの、温かそうなものを顔に押し付けられて。
僕は、それをペロペロと舐める。
「いいな、ずっとネコのままでいてよ」
「なに・・・言って」
「だってさ・・・かわいいし」
僕の髪を撫でて、顔をキレイに、タオルで拭いてくれて。
手を伸ばして僕の胸を触る。
「こんなに・・・胸も、おっきいし」
すごくうれしそうで、文句も言えない。
「あとさ、舌がザラついてて・・・なんとも言えないんだ、舐められると」
そう言われると、なんか頑張りたくなっちゃう。この世界の僕は。
男であって女の体で、半分ネコになってて。
ユノヒョンに愛されることだけが生きる全て。

ユノヒョンがすごく気持ちよさそうにしてくれるから、いっぱいいっぱい舐めて。
怖い顔したユノヒョンに押し倒される。
「どこに挿れてほしい?」
僕の両脚を、その太ももで割りながら。
「どこに・・・って」
答えられない僕を尻目に、胸を揉んで、吸い付いて。
にゃあにゃあ啼く、僕に。
繰り返し聞く。
「言えよ、チャンミン」

あちこちを舐めながらだんだん下がってきたユノヒョンは、僕の太ももを抱えて、ゆっくりと。
開かせる。

隠そうとする両手をどかされて、太ももの内側に口付けられる。そのまま、少しずつ。
あがってきて。
指で、いじられる。やらしい音に、尻尾がクネクネ、しちゃう。







------------


ああああああ
今日もすごかったですね「銭の戦争」
上には上がいるなあああ・・・!

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

あ~か~ま~つぅ~! 悪い奴よのおぉ~~!
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR