gadget second 21

■Side-M

「ん・・・・・・」
気がつけば、何故か。
見慣れた景色。あれ・・・? 俺キュヒョンち遊びに行ったんじゃなかったっけ・・・。
目の前には愛するユノ。なんだろなんかわかんねーけど、とりあえずくっつく。
「あれ・・・? 起きた?」
「・・・起きてない」
「起きてるじゃん。昨夜のこと覚えてる?」
「・・・覚えてる」
「どうやって帰ってきたの?」
「自分で」
ユノは黙って俺を抱き寄せてくれる。

今までこんなことなかったのにな。好きになればなるほどダメになる。信じてないわけじゃない。
信じてるし好きだし、大切なのに、どうしてもお前のことになるとイカレちまう。
「スホが連れてきてくれたよ」
「あ・・・マジで?」
「うん。それと、なんで枕・・・」
「枕?」
「うん。うちの枕。ってか俺の」
「枕・・・」
「それ」
これ? とさっきまで使ってた枕を指差すと、ユノはうんとうなずく。
「まっじでええええ?」
「ああ。なんで持ってったの? それ」
「いやっ! 別に理由はねえよ、ただ持っていきたかっただけ」
「おかしくね?」
「おかしく、ないっ。ゲームするときちょうどいんだよ、これが」
「ああー。家でもそれに手ぇ乗せたりするね」
「そ! だから持ってっただけ」
・・・まさかお前の匂いがするからとは言えない。
ニコニコしてるユノに、なんかムカついて。
「お前こそ・・・昨夜は何してたんだよ」
「カイと飲んだよ。あと、ギョンスも」
「ギョンス?」
「カイの友達」
見る? つってセルカ見せてくれた。ギョンス、ちょっと恥ずかしがってたんだけどさ、って言いながら。

・・・げ。なにこいつかわいい。つーかちょうどユノの抱きやすいサイズ。
「へえええ・・・楽しそうだな」
「チャンミンも楽しかっただろ?」
「ま、まあな」
「よかったな」
「・・・ん」
ぎゅっと抱きしめる。友達も大事だけど、俺はお前が大事。いちばん大事。
お前といたい。
「・・・チャンミン?」
朝だけど、起きたくない。ユノを抱きしめて、口付ける。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR