gadget second 22

■Side-U

朝までぐっすり眠って起きて、チャンミンは昨夜のこと全然覚えてないみたい。
そういうところも、かわいい。
俺に抱きついてくるのとか、甘えた目でキスしてくるのとか、いつも同じだけど。
なんか、こういうときってすごく、きゅんとくる。

どんなふうに抱くのが、お前にとっての幸せ? お前はいつも優しく、俺に吐息を返してくれるけど。
お前の好みを聞いたほうがいいのかなって、なんとなく思う。
「は?」
「だから・・・どっちがいい?」
「なに? やるほう? やられるほう?」
「じゃなくて・・・前からか後ろからか」
俺としては真剣に聞いたのに。
チャンミンはみるみる真っ赤になって、横を向いて爆笑してる。
「なんだよ」
「そんなこと聞くか? フツー」
「だってさー」
「別に、俺はどっちでもいいよ。ユノがしたいやり方ですればいいだろ?」
その言葉を鵜呑みにしていつも俺は、俺がしたいようにしてる気がするから。
ちゃんと聞きたいんだ、どうするほうがうれしいか、気持ちいいか。

「チャンミン、どっちがいいとか・・・あるんかなーって」
チャンミンは少し考え込むような仕草を見せてから言う。
「バックのほうが腰は痛めないらしいぜ」
「じゃあ・・・」
後ろ向けようとしたら、チャンミンが俺の腰を掴む。
「でも俺はお前の顔が見たい。ああ、それか・・・」

チャンミンの腕が俺の首に絡まる。耳元で。
最初、後ろからで、最後、前向いて。

体を少し離して俺を見つめながら、「なっ?」て。
右目だけわずかに細めて笑うんだ。お前のその顔を見ると俺は、お前が男か女かわからなくなる。
お前に出会えてよかったと思う。俺にとって本当にただひとり大事なひと。

わかった。お前につながれながら、深く呻くお前を、見て。
あぁ。同じように俺も声を漏らす。

好きだって、感じる。何度でも。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR