Ishtar 52

仕事を終えて、連絡を取ろうとしたら。
案の定というべきか、ユノは一切連絡を受けようとしなかった。
マネージャーに電話しても、すでに仕事を終え友達のところへ出かけたと言われ。

わかっていながら取り逃がしたことを悔しく思った。
テヨンさんの家に行ったところで、同じことをするはずがない。コーヒーショップにも来ていない。
どこへ逃げやがった。
眠ることもできず、ただ待ち続けた。わかってはいても。
部屋をうろつきまわるのみ。日付が変わるころ、ユノがようやく帰ってきた。

玄関まで出迎えると、ユノはふっと力が抜けたように笑って。
「・・・起きてたのか」
「当たり前だ」
「結論から言おう。テヨンさんとは別れない。・・・友達としては、だ」
「・・・中途半端なことを」
「お前だって・・・キュヒョンと会わないでいられるのか? 友達だろう?」
「あんたたちみたいな関係じゃない」
「変わらないだろう、どうにしろ」

寝たか、寝ないか、それだけの違いだ。ほかに何がある? 男と女でもない。お前だけだ、疑っているのは。
事実俺はテヨンさんに抱かれちゃいない。それらしきことをしているのは、事実だ。でも。
お前が思うようなことはしちゃいないよ。

嘘を、いうな。襟元をつかんで引っ張り上げると。
ユノは冷静な目で俺を見つめて笑う。

お前ともすることがあるだろう? 挿れなくても、できる方法。
テヨンさんとは、そういう関係でしかない。つながらなければいいなら、お前を裏切ってることにはならないだろう?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

やーーーだーーーー!!!!
ユノヒョンやだ!!!!
狡猾!!!!
ちょっととうにかなないのおぉぉぉぉぉぉ
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR