Ishtar 59

終わりじゃないことくらい、わかってる。
それでも抱き合って眠れる幸せを、手放したくないと、思う。
あなたがどれだけ浮気を重ねても。
帰る場所は僕の隣だと分かっているから、その不実を許そう。

「責められるのは、俺だけ?」
程よい疲れに、まどろみながら。
あなたは僕の髪を、撫でる。
「・・・え?」
「友達同士なら、いいんだろ? お前だって、裏切ってる。・・・俺を」
全く身に覚えがなかった。ユノは冷めた目で、でも穏やかに言葉を続ける。
「くだらない嫉妬だ。・・・わかってる。お前のほうがまだマシだって」

俺だって寂しいんだよ。ユノは言った。
僕があちこち顔を出すたびに上げられる写真や情報の数々。
気にもしてないと思ってた。だからって浮気の言い訳にならないこともわかっててあなたは言うのだろう。
「寂しいん、ですね」
裸の胸に抱きついてみる。嘘をついたところで。
あなたの鼓動が自分を裏切るはずはない。
「寂しいよ。だけどお前は、相手にもしないんだろう?」
「ええ。・・・仕事ですから」

そうだよ仕事だよ、ユノ。僕が仲間に会いに行くのは。
もちろん、仲間のライブを見ることが勉強になるっていう部分もある。
だけどやっぱり、仕事だから。仲間のライブを見に行くのも、それをすべて吸収するため。
少しでも話題になれば、貢献になれば、後々仕事がしやすくなる。みんなそうだ。
体を預けるわけじゃない、ましてや、心まで。
ただ、楽しい空間を共有するだけだ。あなたとは根本的に違う、のに。
寂しさは言い訳の最たるものだね。あなたが、憎いよ。

こんなに、好きにさせて。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR