Episode 15(白タイツRevenge) 05

「ああ。いない」
「・・・・・・は?」
「だから、いないんだって。バレエ教室閉まってる」
「閉まってるだぁ?」
思わず声を上げ、周りを見回す。撮影中だっての忘れてた。
なんだそれいないってどういうことだよ・・・マネージャーはちゃんとユノの行動把握してんのか?
一応レッスンの名目で行くんなら管理下だろうが。俺が見る見ないは別としてちゃんと管理しとくべきだろが。
そこで、はたと思い当たる。・・・そうか。
「えーっと、ちょっと待ってください、ヒョン。あとでかけ直します。マネージャーから」
「マネージャー?」
「はい。調べたいことがあるんでね」

ヤツの家は今も変わってないと思う。だけどもしかしたら、俺の行動を読んで別宅を用意してる可能性もある。
あの変態馬野郎の執着心たるや見上げたものだ。俺と大差ない執着っぷり。
だからこそ、ユノを落とすためにはそれなりにしっかり準備するはずだ。レッスンの予約をいれてから数日、わざわざ俺が止めに入るのを計算に入れたうえで家に呼び寄せるか? 俺なら絶対にしない。

マネヒョンにソッコー調べさせた。現状ではシウォンの家はあのままであること。
その他近隣の不動産は調べがつく限りではないとのこと。まあ、調べて出るような内容じゃ信憑性は薄い。
ほかに行く当てがないなら・・・家でやるしかないか。男同士でも行けるとこあんのかな。あいつならなんでも知ってそう。
いや、行ってそう。ほかにもいくらでも相手はいそうだから。
とりあえず、マネヒョンに、ドンへヒョンに変態馬野郎の家に行くようお願いする。

危機が近づいているときの俺の集中力は我ながら凄まじい。
インタビューも撮影もいつもの半分くらいの時間で済ませ、サクッと帰ることに成功。
いつもそうならいいのにねえ・・・ってマネヒョンに半ば呆れられつつ。

「俺も心置きなく撮影に臨みたいですよ、でもやっぱりね、ヒョンが心配なんです」
「いつも言ってるがユノは子供じゃないんだぞ」
「ええ、だからタチが悪いんですよ」

そう、タチが悪い。いろんな意味でだ。
俺のかわいい可愛いウサギちゃんを、飢えた白タイツ男に食われてたまるか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR