Episode 15(白タイツRevenge) 07

「どんどんどん、ドンヘでーす!」
ん? シウォンと顔を見合わせる。ドンドンとドアを叩きながら、その音まで口走ってたらしい。
「ドンヘだって」
「ああ・・・」
シウォンが軽く舌打ちする。
「ん? どうしたの?」
「・・・ふたりまとめてご相手願いますか・・・」
「ふたりまとめて?}
「いや、こっちの話です。どうしますユノ?」
どんどんどん、ドンヘでーす! がまた聞こえる。
「ドンヘさんに入っていただきますか?」
「うん! いいよ! ドンヘも一緒にレッスンしたらいいし!」
「・・・ですね」
シウォンがニヤッとした気がするけど、なんでだろう。仲間が増えたのが楽しいのかな。

ドンへが「おぅ!」って感じで入ってきて。
よぉ、ユノ! ドンヘー! ふたりしてハグ。シウォンも混ざって三人でハグしまくり。
「どぉしたのドンへ、なんでここにいるのわかったのぉ?」
「ん? お前んちのGPSの指令が出たんだよ」
「GPS?」
「チャンミンか・・・チッ」
またシウォンが舌打ち。癖なのかな・・・。
「チャンミンのこと?」
「そーそー。お前が変態白タイツ野郎に犯されるかもしんないから連れて帰ってこいって」
「変態白タイツ野郎?」
シウォン、咳払いする。・・・風邪ひいてるのかな?
「シウォン? どうかしたの?」
おでこに手を当てると、シウォン、機嫌が直ったみたいにニコニコする。
「ちょっと熱があるかもしれないんだ、ユノ。ベッドで添い寝してくれる?」
「添い寝? いいよ」
「えー! ふたりもう寝ちゃうのぉ? 俺きたのに?」
「だってさあ、シウォン体きついかもしんないし・・・」
「寝るんならさぁ、一人で寝せときゃいいんだよ、帰ろうぜ」
「えー、でもかわいそうじゃん、シウォン」
「ま、確かにそうだな・・・」

そんなわけで。
レッスンより体調を優先して、シウォンが寝付くまでゴロゴロしちゃおうか、ってことになった。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR