Sea roar 06(潮騒/max version)

事務所で、打ち合わせの日。
今までなら当たり前に、隣にくっついて座ってた。それとなく、別々のソファに座らされて。
肘掛に伸ばした手に触れたくても,それとなく、よけられる。
触れられることを、避けているみたいだった。

どういう方向性で行くか、今までのふたりみたいな、ダンス中心のスタンスではいけない。
そんなような話を、して。
ユノヒョンの様子を、それとなく伺っても、顔をわずかに背けているようで。

今までは横顔を見れば、何かが読み取れた。
目を見ればすべてが理解できた。でも、今は。
表情をなくした横顔。目を見ても、何も伝えようとはしない、拒絶の色しか。
読み取ることが、出来なくて。

帰りは、ふたりで。そう思ったから。
「ユノ」
その腕を、取る。ユノは、驚いたように振り向いて。
「俺が、送るよ」
むしろ、一緒に帰ろう。そう、言いたかった。
今までなら当たり前みたいに頼むな、って。
そう、言ってくれると、思っていたのに。

「ソンヒョンと、帰る。お前は疲れてるだろ。早く帰って、ゆっくりしろよ」
腕を離せと、口には出さないまでも。
その目が、そう言っている。

ナーバスになっていたせいか、少しだけ、泣きそうな気分に、なって。
そんな俺の目を見たら、少しは変わるかと、思ったのに。
俺の目を見て、驚いたような反応をしただけで。
バツの悪そうな顔をするソンヒョンさんに、頭を下げられて。

ユノは、去っていく。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR