Sea roar 07(潮騒/max version)

どうしても、納得が行かない。
あんな顔をされる筋合いは、ないはずだ。
何があったのか。もう、1年も前になるのに。

兵役に行く前のヒョンなら、きっと。
「お帰り、大変だったな」
そういって、抱きしめてくれて。
お前が帰ってくるのをずっと待っていたよ。
これからまたふたりで、同じ夢を目指していこう、って。
言ってくれると思っていた。信じていた。

ユノの公演を、こっそりと見に行って。
公演中にソンヒョンさんを、呼び出す。
そうでもしなければ、話してはもらえないと思ったから。

「私の口からは、言えません」
「どうしてですか? あなたは・・・僕とユノを一番よく知っているはずだ」
「その・・・つもりです」
「こんな状態で・・・うまくやっていけるはずがないだろ!」
声を荒げても。
そんなことに動じるような人じゃない。わかっている。それでも。
ソンヒョンさんは僕を見つめて、悲しそうにため息をつく。

「ユノさんが、チャンミンさんに・・・何も言わないのは、何も言えないからです」
「何も・・・言えない?」
「ユノさんは今も、苦しんでいるんです。表舞台を去ろうと思うほど、追い詰められていた」
その、言葉に。
酷く恐ろしい、気持ちになる。
「チャンミンさんがそばにいれば、きっと、ユノさんはその傷を乗り越えることができます。
ただ、今はまだ・・・。
今はまだ、ありのままのユノさんを、受け入れてあげてください。
寂しいかも、知れませんが・・・彼は必死で頑張っている」
カーテンコール。大歓声の中。
きっとユノはスポットライトを浴びて、微笑んでる。
あの光の中が、誰よりも似合う人なのに。

どうして。
変わって・・・しまったのか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR