Episode 15(白タイツRevenge) 08

「やっと、ふたりきりになれた」
結局またレッスン場に戻ってきた。いいのかなあ、ドンヘ、置いてきちゃって。
「ドンヘ、大丈夫かな?」
「心配いりません。ベッドはありますから」
「そっか!だよね!」
「ええ。僕たちはこっちでゆっくり休みましょう」
「うん! その前にレッスンするんじゃないの?」
「・・・ですね」

シウォンにぎゅーっとハグされて。
あったかーい。俺、ハグするのもされるのもだーいすき!
「ちゅーしよっか、ユノ」
「え? ちゅ?」
う? 聞き返す間もなく、シウォンにぶっちゅーとやられてた。
ん! 息できない! 苦しくてバタバタしてたら、ベッドに押し倒されて。
「わ! もう、なにすんだよ」
「レッスンだよ、レッスン」
言いながら、俺の服脱がしてく。
「ん? なんで?」
「汗かくでしょ」
「そんなにかくかなあ・・・」
上半身裸だよ、だって。
「うん・・・かくと思うよ・・・」
胸をべったり触りながら言うシウォン。・・・マッサージかな・・・。
ズボンまで、脱がせてくから。
「こっ、これは穿いたままでいいよ」
「いや・・・こっちが大事なんだよ」
大事か・・・そうかあ。たしかに、普通のズボンだと動きにくいし。
パンツ、今日は・・・あ。チャンミンの間違えて穿いてきちゃった。
「ボクサー穿いてんだね」
シウォンがねっとりと太ももあたりを撫でる。
「このほうが・・・安定するから」
「安定・・・ね」
ぐわしっ、と股間をつかまれて。
「お?」
思わず声が出る。
「俺もここ、安定させたいな。ユノの中に」
「ん?」

やろう、ユノ。いっぱいエッチすれば、痩せるよ。シウォンのささやき。
チャンミンとも、いっぱいエッチしてるけど、痩せないなあ・・・なんで?
あんまり関係ないんじゃない?
「あの、さあ・・・シウォン」
「なに?」
「それしてもさぁ、あんまり関係ないんじゃないの?」
「・・・そう、かもね」
下着に手をかけられて、ぐいっと引き下ろされた瞬間。

スマホが鳴る。チャンミンの着信音。
同時に玄関がピンポンピンポン、いってる。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR