Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 26

前から思ってたことだけど。
チャンミンさんは私のこと、本当に好きでいてくれてるんだなって、ひしひしと感じる。。
時々、大丈夫? って思うこともあるけど、それも含めて、チャンミンさんなんだなあって。
そう、思ったら。自然に体をチャンミンさんに向けていた。
腕が伸びてきて、その広い胸に包まれる。筋肉質の体は、なんだか私をすごくドキドキ、させる。
「俺ね、あと2年くらいは、モモとふたりがいい」
「2年?」
「うん。モモだってまだゆっくりしたいだろ? 赤ちゃんできたら、そうはいかなくなるし」
ね? 笑うチャンミンさんは、とてもかわいくて。
素直にうなずいていた。
チャンミンさん、子供みたいなんだもの。
「俺とモモの赤ちゃんなら絶対かわいい子が生まれるから、赤ちゃんは欲しいんだけど、でも」
「・・・でも?」
「俺、絶対、赤ちゃんにヤキモチ妬くもん」
「え?」
「モモの一番が俺以外になるのがやなの」
照れたような、拗ねた表情がかわいい。

ぎゅっと、抱きしめていた。いつも私が抱きしめてもらってばかりだったけれど。
チャンミンさん、子供みたいでかわいい。
「大丈夫ですよ。私の一番はいつも、チャンミンさんです」
胸に頬を押し付けて。
鼓動が聞こえる。目を閉じて聞いていたら。
チャンミンさんが顔を近づけてきた。
「本当に? 絶対?」
「ええ、絶対です」
「約束」
おでこをくっつけ、鼻をこすり合わせて。
唇に、キス。チャンミンさんはとても、うれしそうだった。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR