Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 50

理由のわからない涙があふれて止まらなかった。チャンミンさんが悪いわけじゃないのに。
お風呂に浸かって、ゆっくりと自分の体を見る。
この3日、私の体は一度に全部チャンミンさんのものになって。
体のあちこちに、チャンミンさんがキスした痕が残ってる。
キスも、唇を触れ合わせるだけだと思ってたのに。
口の中に、舌が入ってくるなんて・・・思わなかった。

ドラマや映画で、そういうシーンが出てくるものを見たことは、ちょっとだけある。・・・でも。
なんだか知らないことが多すぎて・・・一度にいろんなことを知って、私自身、知らなかったことまで、知ってしまって。
赤ちゃんを作るための行為がこういうことなんだってわかっても。
・・・赤ちゃん、まだいらないって。それなら、どうして。

男の人は、こういうことばっかりしたいのかな。抱きしめられたりするのは、すごく幸せだけど。
この、自分が自分じゃなくなるような感覚とか、痛いのは、いや。
慣れたら、気持ちよくなるって言ってた。その言葉の意味は、体のほうが勝手に理解しつつある。
私の頭はまだ、理解し切れていないのに。

心を落ち着けて、お風呂から上がる。体を拭いて、髪を乾かして。
自分で乾かしながら、この二日、チャンミンさんがいつも髪を乾かしてくれたことを思い出した。すごくうれしそうに。
悪いこと、しちゃった。泣くなんて、きっとチャンミンさんを傷つけた。まだ乾かない髪。さみしく思いながら、ドライヤーをあてていると。
ノックの音がする。
ドライヤーを止めて返事をすると、チャンミンさんが。
申し訳なさそうな顔をして入ってきた。
「・・・ごめんね」
「私のほう、こそ」
「いやならもう、しないから」
しゅんとした顔。やっぱり、かわいいと思ってしまう。
「・・・髪を」
「え?」
「乾かして、もらえませんか? チャンミンさんに撫でてもらえるの、好きみたいです。私の、髪」
チャンミンさんの表情はみるみるうちに明るくなって。
笑いながら涙を流す。
驚く私に、チャンミンさんは抱きついて。

よかった。モモに嫌われちゃったかと思った。
ごめんね、ちゃんとモモの気持ち考えるから、俺のこと嫌いにならないで。

チャンミンさんの、この感情の振り幅に私はいつも戸惑うけど。
そのたくましい背中を撫でながら思う。
やっぱり好き。急にいろんなことが起きたから、ちょっと混乱しただけ。
大好き。耳元でつぶやくと。
チャンミンさんは本当に幸せな笑顔で、私の頬にキスした。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR