Episode 15(白タイツRevenge) 10

玄関先から声がする。キュヒョンみたい。
そっかあ、キュヒョンも遊びに来たんだ。下着を引き上げる。
こんなカッコ見られてチャンミンに告げ口されたらヤバイもん。

ちょっと残念だったかも。シウォン・・・悪くなさそうだし。
多分、もしなんかあったとしてもチャンミン気づくわけないし。
大丈夫だけど・・・でもやっぱ殺されるよなあ・・・。着信、無視したまま。

しょーがない、出るか!
「・・・もしもしぃ?」
「お前・・・今何してる?」
「んー? これから寝るとこー」
「てめえ・・・さっさと帰ってきやがれ」
「え? でもぉ・・・」
なんて返事したらいいかな。思ってたら、玄関から。
わぁ! お客さんいるのぉ? キュヒョンの声がした。
「あ! キュヒョン!」
よーし。チャンミンが小さい声で呟いてる。
「ん? なんか言ったぁ?」
「なにも。・・・じゃあな、すぐそっち行くわ」
「え?」
電話切ったのと同じタイミングで、キュヒョンとシウォンが部屋に入ってきた。
「あ! ユノヒョン!」
よかったあ・・・半パンもはいといて・・・。とりあえずここは冷静に対処しよう。
「おぅ、キュヒョン。どうした?」
俺の目の前にキュヒョンが座る。ベッドの上にいること自体ヤバイかな・・・。
シウォンが上機嫌で俺を見ながら言う。

「ユノ、何飲む? いちごのお酒でいいかな。スパークリングワインみたいなやつ」
「うん! それ!」
「キュヒョンはビールだな。ちょっと待ってて」
シウォンがキッチンに向かう。キュヒョンは声を潜めて。
「大丈夫でしたか?」
「ん? 何が?」
「なにがって・・・。ユノヒョンのことで俺ここきたんスよ。誰の差し金かわかるっしょ?」
「あ! ・・・もしかして・・・」
「そう、そのもしかして」

ピンポーン。またもやインターホン。
俺でまーす! キュヒョンが声高らかに玄関に向かう。

やっべ・・・チャンミンだなこれ・・・。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

なーんにもわかんないふりして…
残念に思うなんて…
ちょっと期待しちゃってるじゃないですか!!
ユノったら〜( 〃▽〃)
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR