Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 64

膝の上に乗せられてスカートをめくり上げられる。
胸元はとうにはだけられて、チャンミンさんに吸い付かれてる。
体をもぞもぞさせる私を、チャンミンさんは面白がって執拗に攻めてくる。
「一日離れてただけで・・・ずっと触ってない感じがする」
つまんで、こすって。舌先で舐める。どうして、こんなに。
チャンミンさんは私を、気持ちよく・・・させるんだろう。
「ね? モモ。モモはどうだった? 俺がいなくて寂しくなかった?」
寂しいというよりは、ちょっとゆっくりできたというのが正直な気持ちだけど。
それを言ってしまったら、傷つくんだろうな。そう思ったら、言えない。

チャンミンさんは答えない私に、笑う。
「ホント、正直だね、モモは。・・・俺ってそんなにめんどくさいかな」
「めんどくさいとかじゃ・・・」
下着の上から、そのくぼみがわかるように手でなぞって。
「あ・・・っ」
「俺がいない間も、寂しがってほしいんだけどな」
言いながら、その手の動きが激しくなる。私の腰をしっかり捕まえて、耳元で。
「・・・寂しくなってもらえるようにしないと、ね」
下着が肌に張り付くのがわかる。チャンミンさんの指の動きに、声が漏れる。
「こうしたらもっと・・・気持ちいいよね?」
下着の隙間から指を差し込まれて、中でねっとりとかき回される。
のけぞる体を支えられ、執拗に指を動かされて、体が火照る。
横向きに抱えられた私の太ももに、それとなく触れる、硬さ。チャンミンさんは右目を細めながら私を見つめる。
「・・・触って」
目がトロンとしてる。躊躇していると。
「ん・・・!」
指を、中に入れられた。いきなりの刺激に、体を丸めると。

指より、こっちのほうがいいだろ? 私の手を、そこへ導いて。
触って。私の手でそれを握らせてから、舌を絡ませる。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR