Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 66

いきなり、こんな。すごいことさせられるなんて思ってなかった。

ゆっくりと腰を落としていく。チャンミンさんが、少しずつ私の中に入

ってくる。
焦らすように、私の胸の突起を口に咥えながら。
すげえ、イイよ。ざらつく声でそう、つぶやく。

もっと、挿れてよ。大丈夫、まだ全然入ってないから。

思う存分、胸を吸いつくして、私の唇を貪る。
そうしながら、腰に手をかけて私の体を引き下ろしてく。
体を押し開かれる感覚はまだ慣れない。最初の頃、それが終わった後も

続いてた異物感はもう、なくなった。それだけ体が慣れたということ。
そして、私は。
チャンミンさんがくれるこの刺激が、好きになりつつある。

「もうちょっと、俺にくっついて。・・・そう」
背中に腕を回す私を引き寄せる。
「動いてみて。ここに手を置いて」
私の手を、自分の肩に置かせる。指組んで。うん、そうかな。言いなが

ら私を見上げる。
「上下に動いて。ゆっくりでいいから。・・・ね」

いつもとは入っている角度が違うんだと思う。なんだかすごく、変な感

じ。
チャンミンさんの首の後ろに輪のように腕をかけているけど、安定しな

い。チャンミンさんは私の腰をするりと撫でて、ビクッとする私に笑う


「腰を上げて」
私の腰をそっと引き上げる。言われるまま、体を少し浮かす。
「下げて。・・・そう、上手」
チャンミンさんは私の胸に顔をうずめる。きつく吸って、赤い痣をつけてから。
「今の、自分でやるんだよ。腰を浮かせて、下ろして、の繰り返し」
やってごらん。私のお尻を、撫でる。指でグッと押され、お尻を上げて。
力を抜いて、下げる。変な、感じ。

恥ずかしがらないで、俺の首に抱きついて。ほら。体が密着する。
胸だけはだけられてる。スカートをはいたまま。いけないことしてる、みたい。
胸を押し付けるように動いてみて。・・・わからない、けど。
やっぱり気持ちいい、から。

少しずつ、動き出す。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR