Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 75

チャンミンさんの大好きな激辛ラーメンを作って、それだけじゃ足りないだろうからとおにぎりも作って。
ドアをノックする。返事がないけど、何か集中してるのかもしれないから。
そっとドアを開けて、部屋に入る。
真剣な横顔。パソコンに向かって何かを入力したり、時々傍らの書類に目を通してはチェックを入れてる。
なんだか、すごくかっこいい。最初にチャンミンさんを見た時の印象とはまた、違う。
仕事の顔。思わず見とれる私に気付いて、チャンミンさんはふっと微笑む。

「あ、ごめんなさい、お夜食・・・できました」
「ありがと。・・・ねえ、どうして見てたの?」
じっと見つめられる。前から、そうだったけど。
チャンミンさんの目力は、すごい。じっと私を見つめて、動けなくする。
「あの・・・ラーメン、伸びちゃいます、から」
「ちょっと固めで作ってくれてあるでしょ? ・・・大丈夫。教えて」
触れそうな距離で、触れずに、私を見つめて。
余裕たっぷりの目で、なんだか他人行儀な、態度。
「いつ、もと・・・違ったから」
「どう違った?」
「仕事の顔、だなって・・・」
「かっこいい?」
「は・・・い」
「すごく?」
「かっこいい、です・・・」
「一緒に寝て、いい?」
「それはっ・・・ダメ、です、仕事、終わらなきゃ」
ちえっ。チャンミンさんはいたずらっぽく笑って。
「ここにいてよ、モモ。やるときゃやるんだから、見てろ」
初めて。
チャンミンさんが私に、命令っぽい言い方を、した。
驚く私に、唇の右端だけを上げて笑う。

いただきます。チャンミンさんはすごい勢いでラーメンとおにぎりを食べつくして。
すぐに仕事に向かった。ご飯を食べているときと、パソコンに向かうときの顔が、違いすぎて。
私、何も知らないまま、チャンミンさんの奥さんになったけど。
やっぱり、チャンミンさんはすごく素敵な人なんだって、改めて思った。
どれだけ見つめても、飽きないかっこよさ。だけど、気付いたら眠ってて。

目が、覚めたら。
私が見つめられてる番だった。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR