子鹿が僕を守ります。 04

昨夜は、お前のラストステージ1日目。
お前ひとりに、重荷を背負わせてごめん。

時期が許せば、最後まで一緒にステージを務め上げることができた。
本当なら。
だけど、一足先に入隊が決まって、これ以上は延ばせなかった。

俺は、ここで。
元気にやっているよ。真夏の入隊、大変な部隊。
今までの自由はすべて奪われて、上官の命令に従い、軍の規則に従い。
何一つ自分で自由にすることはできない。
でも、共同生活は少し、楽しいような気がする。

いつも誰かに見られながら暮らしていたあの日々。
今は。
限られた人数の中で暮らしてる。それはそれでとても心地いい。
昔に戻ったみたいだ。まだデビューなんか夢のまた夢だったころ。
学校へ行く前も帰ってからもひたすら練習に励んだ。
夢を食べなければ生きていけないくらいに。

俺が、いつも。
「何書いてるんですか?」
シカの絵を描いているから。
「ん? ああ、おまじないみたいなもんかな」
「おまじない?」
「うん。俺をずっと守ってきてくれた存在なんだ」
「存在」
「うん。神様みたいなもんかな」
「神様ですか」
「すごくかわいいんだけどね。俺にとっては、たったひとりの神様だよ」

な、チャンミン。
今頃お前は一人で頑張ってる。
俺が眠りにつく頃、お前は友達と一緒に、口にいっぱいご飯をほおばっているんだろう。
ウナギも、食べたかな。

目を閉じる。

赤い海の中で泣き笑いしてるお前が、見える。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR