Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 12

「チャンミンさん・・・あの」
「なぁに?」
耳元で聞こえる、かすれた声。今まで聞いたこともないような、低くて、甘い。
セクシーな声。ちょっとドキッとする。
「私・・・お風呂、入って・・・ない、ので」
「ああ、いいよ。このままがいい」
「私、は、いやです」
「俺、モモの匂い大好きなんだ」
「それ、は・・・。うれしいん、ですけど」
「どうしてもいや? お風呂入りたい?」
「・・・はい」
「じゃあ一緒に入ろっ!」
体を抱き起してくれる。あんまり無邪気に言われたけど、そんなことできるはずがない。
「ダメ、ですっ。・・・それは、ダメ、です」
「どうして? 俺のことキライ?」
「そう、じゃ・・・なくて」
チャンミンさんは拗ねてふくれっつら。一緒がいいなぁ・・・ってつぶやいてる。
お風呂は大好きだから、もしいつか、チャンミンさんと一緒に入ってもいいなって思えるくらい、仲良しになったら。
入っても・・・いいとは、思ってる。
でも、肌を見せるのも初めてなのに、いきなり一緒にお風呂なんて、絶対ムリ。
なんて伝えたらいいだろう。考えていたら、涙がにじんできて。
「わ!」
チャンミンさんが声を上げる。私を、抱きしめて。
「ごめんごめん、困らせるつもりはなかったんだけど・・・。いや、とかじゃないんだよね、恥ずかしいんだよね?」
「は、い・・・」
「わかった、ごめん、俺先に入ってくるから。ちょっと待っててね」
バスルームへ向かう背中を見送って。
なんか、悪いことしちゃったなって思う。
でも、やっぱり。恥ずかしい。お風呂って明るいし、体を洗う場所だし、ふたりで、なんて。
この格好も恥ずかしいから、スリップ着ておこう。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR