Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意)

私の夫、シム・チャンミンは。
驚くほど、行為そのものが大好きな人。

「おかえりなさい」
仕事は予備校の講師。
もともとはIT関連の仕事をしていたけど、私と出会ってから仕事を辞め、友人が経営していた予備校の講師に転身した。

出会いは河原。両親や親戚と一緒にバーベキューをしていた私と、友達同士で同じくバーベキューをしていたチャンミンさん。
出会ったその日に、付き合ってほしいと言われた。

私の兄がチャンミンさんの友達と知り合いで、隣同士仲良く食事をして。
いつからかじっと私を見ているチャンミンさんに、気付き。
会釈をしたら、恥ずかしそうに話しかけてきてくれた。
まずは、名前。年はいくつか。それ以外は、天気がいいねとか、おいしいですね、なんて話。
穏やかな話し方に好感を持った。

「あの」
「・・・はい」
「お付き合いしている人は、いますか?」
「いません、けど」
「僕と、お付き合いしていただけませんか」

周りがはやし立てる。今まで誰ともお付き合いしたことがなかったし。
ちょっと好きだった人とも、家が厳しくて、お付き合いには至らなかった。
うちは、まず両親に紹介して、許可を得てからお付き合いをするという約束だったから。

チャンミンさんはとてもかっこよかったし、女の子が大好きだって、一緒にいる友達が口を揃えて言っていたこともあって、返事は保留。
でも、次の日から事あるごとに手土産を持って家に来るようになった。

最初は怪訝そうな顔をしていた両親も、兄とすでに仲良くなっていたチャンミンさんを追い返すようなことはできず。
少しずつ言葉を交わすうちに、すっかりチャンミンさんを気に入った。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR