à la folie 32

家から一歩も出たがらず、病院にも行こうとしない君を。
毎日、声をかけ世話を焼き抱きしめて。

不謹慎だけれど、僕は。
この世界がいつまでも続けばいいと思った。
僕の腕の中で、ずっと。
生まれたての雛のようにかわいい君を守っていけたらいい。
蓄えはそれなりにあるし、家でできる仕事もこなしてる。
君がそばにいてくれるならそれだけでいいんだ。

だけど、僕のそんな小さな願いも。
ある日突然、崩れ去ることになる。

テヒの妊娠を知ったお母さんが。
僕の家にやってきた。
お母さんは、チャンミンは入院していると思っていたらしい。
声をなくし、心を病んでしまった今、まさかこの家にいるとは思わなかったらしい。
僕も、あえてその話はしなかった。

チャンミンはいつもこの時間、部屋で眠ったり本を読んでいる。
本当に静かに暮らして。
最近、ようやく声を取り戻しつつある。だからこそ。
刺激を与えたくなかった。

テヒのこと、ご存知ですよね? お母さんは声を落として、言った。
家族に知らせないわけがない。目を見て、うなずくと。
もしかして、それは。お母さんは声を詰まらせる。
二人の間に何があったかはわからない。
ただ、あの場を観る限りでは、可能性は限りなく高い。

「あの子、産むつもりみたいなんです。・・・どうしたら」
泣きながら訴えるお母さんに、僕は何も言うことができない。
気配に気づいた時には。

もう、遅かった。

「チャン・・・ミン、あなた」
奥の扉から顔を出したチャンミンは。
信じられないといった表情で目を見開く。

ウソ・・・だろ? 久しぶりに聞いた君の、しっかりとした声は。
涙とともにあふれ出した声、だった。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR