Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 123

チャンミンさんとは最近、話をしていません。
朝起きて、ご飯を食べて、お昼に送り出して。
帰ってきて、あなたの話を聞く暇もなく、ただ、ベッドで。
抱き合うだけです。

仕事に行って帰ってくるだけ。
私も、家にいるか喫茶店の手伝いをしたり、友達に会うだけ。
代わり映えのない毎日で、毎日顔を合わせていたら、話すことも特にないかもしれません。でも。

私は、話したいです。お付き合いしていた頃のように。
お互い、知らない部分がなければ、話すこともなくなるんでしょうか?
話をしなくても居心地がいい関係が理想だとは思います。
だけど私はまだ、あなたを、知らない。

仕事のことで、守秘義務があるのは、わかっています。
でも、私は、チャンミンさんがどういう風に仕事をしているのか、知りたいです。
前にキュヒョンさんから電話があった時、チャンミンさん頑張ってますよって、言ってました。
私、チャンミンさんが先生になっているところを、見たいって思いました。

「お付き合いしてる時は、いろんな話を、しましたよね?」
「・・・ああ」
「今は、話すこともないんですか?」

チャンミンさんは私の話を、黙って聞いてくれた。
きっと言い返したいこともあっただろう。でも、何も言わずに。
ただ、うなずいてくれた。

「話してる、つもりだよ。・・・足りない、かな」
「・・・ああ、きっと」
「なに?」
「話して、もらえてます。多分、話し合えてないんだと、思います」
好きなのに。・・・好きだから。
わかってほしい。

「今日、何があったか、話してください。いいことも、いやなことも。
 何もなくても、何もなかったってこと、教えてください。
 私のこともたまには、聞いてください。
 それから」

チャンミンさんをじっと見つめる。本当に、綺麗で。
どうして私を選んでくれたのか、わからない。
・・・私の、どこがいいの?

「私を、信じてください。私はあなたの、所有物じゃありません。
 私は、私の意思であなたのそばにいるんです。・・・だから。
 そんなに心配しないで」

ぎゅっと、抱きしめる。こうして抱きしめていても。
やっぱりまだ、寂しいの。
私は、わかっているようで、チャンミンさんが心配しているその本当の意味をわかっていなかった。

チャンミンさんは誰でもが私を好きになるって勘違いしていると、私はそんなに魅力的な女性じゃないって思ってたけど。
チャンミンさんの勘は驚くほど当たっていて。

何より、私自身が。
自分が生んだ寂しさに囚われることになる。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 拝啓

ピンキーさま、いつもありがとうございます。
どうなるんですかね!
楽しみですよ・・・!
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR