Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 131

「こんにちは」
「あら! こんにちは」
買い物の帰り、家の近くのスーパーで。
ユノくんにばったり出会った。
部活帰りのユノくんは、スーパーでジュースとお菓子を買って。
私は、夕飯の食材。持ちましょうかって、言ってくれて。
「あ、いえ、大丈夫です」
「すぐそこまでですから。ね」
自然と気を遣ってくれる。優しくて、なんだか癒される。

たわいない話。ユノくんの部活の話や、ジヘちゃんのこと。
日本語、すごく頑張って勉強してますよ、って、お兄ちゃんらしい言葉も飛び出す。
「俺も・・・教わりたいな」
ボソッと、つぶやいて。
私を見て照れくさそうに笑う。
「でも、ダメなんですよね。ご主人が・・・厳しいって聞きました」
「そうなんです。・・・ごめんなさいね、心配性なの」
「わかります。モモさんが奥さんなら、俺だって」
「え?」
言った後、ハッとしたように目をそらす。
「いえ、その・・・。モモさんみたいなかわいい奥さんなら、男は誰だって心配しますよ」
「そんなことないわ。私がもうちょっとしっかりしたらいいのよね、きっと」
ユノくんは楽しそうに笑う。家の近くの交差点まで、ふたりで。
荷物を受け取って、お別れのあいさつ。
「本当にありがとうございました。助かりました」
「いえっ、俺のほうこそ、ありがとうございます」
「じゃあ、また。ジヘちゃんによろしくお伝えください」
「はい。伝えます。・・・お気をつけて」

不思議と、足取りが軽くなる。
さっきまで持ってもらった重たい荷物を、自分で持っているのに。
家に帰って料理を作りながら、ふと。
ユノくんのことを思い出す。

優しくてあったかい。今まで、出会ったことなかったな。
一緒にいて、いい意味で緊張しないひと。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

あ~~ ユノくん💓
モモちゃんもだけど、私達読者も癒やされますぅ⤴
登場回数増えますよーに🙇🙇
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR