Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 134


本当に偶然会っただけで、した話も日本語教室の話と、ジヘちゃんのことだって伝えたら。
チャンミンさんは渋々うなずいた。
チャンミンさんもユノくんと仲良くなれば、彼がどんなにいい子かわかるはずですと言ってみる。
「ジヘちゃんだって、あんなにいい子なんですよ、そのお兄ちゃんなんですから」
「大体わかるよ、言いたいことはね」
私の髪を乾かしながらチャンミンさんが言う。
「いいとか悪いとかじゃないんだ。男の目でモモを見てるかそうじゃなかだけだ。俺が気になるのは」
私の頬をその手のひらで包んで、優しく口づける。
「お前だけだよ、気付いてないのは。男はみんなヤキモキしてる。だから結婚したんだ」
チャンミンさんはいつもそんなことを言うけど。
誰でもが私を好きなはずないのに、どうしてそんなこと言うんだろう。

ベッドで、長い愛撫の後、チャンミンさんにいっぱい。
愛されてから。
ぼんやりと、体の中で感じるという感覚が、わかってきた気がする。
「明日、デートしよう、モモ」
「え」
「手伝い休みだろ? 勉強会の予定もないし、ちょうどいいな」
「明日・・・出るって、さっき」
「ああ、あれな。いつもより遅い時間だから問題ない」

なんだか、すごく。
うれしかった。結婚してから今日まで、ふたりで出かけること自体がほとんどなかったから。
あっても、親戚の用事で顔を出すくらいで、チャンミンさんは仕事が忙しかったし、私も手伝いをしているし。
私の寂しさを、やっとわかってくれたのかな。
結婚してるんだから、もうデートなんてしないって。
家でもずっと一緒なのに、出掛ける必要なんかないって思ってるんだろうと、感じてた。
子供じみてるけど、私はやっぱり、チャンミンさんとデートがしたい。
もっとふたりでいられることを楽しみたいと、思う。
今まではお互いの時間をやりくりして会ってたのに、どうして一つ屋根の下にいるほうが、時間を作ることができないんだろうって。
疑問だったの。抱き合う時間を、少しだけ削れば。
ちょっとの散歩だったり、食事だったり、そういうこともできるはずなのに。

鼻をくっつけあって、微笑みあう。・・・大好き。
わがままでごめんなさい。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR