Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 135

普段はチャンミンさんが着てほしいという服を着ているけど。
喫茶店のお手伝いに行くときは今まで自分が着てきた服を着ている。
デートは、朝一番でチャンミンさんが仕事の用を済ませてから、ということになって、映画館の最寄りの駅で待ち合わせ。
結婚前のデートみたいでなんだか新鮮。

待ち合わせ場所に現れたチャンミンさんは、家を出たときの服装と違うスーツを着て、手に持った小さなブーケの香りを嗅ぐようにうつむいていた。
「お待たせ、しました」
声をかけると、チャンミンさんは私を見て目を輝かせる。
軽く首を振りながら私にバラのブーケを差し出して。
「モモ、さん。今日一日、よろしくお願いします」
他人行儀な言い方が、寂しいのにうれしい。
行きましょう。言って、私の手を取らずに、前を向く。
付き合い始めた頃のデートのように、チャンミンさんの少し後ろを歩く。
土曜だから人が多い。触れた手が自然に重なる。
指と指を重ねるだけの繋ぎ方。握り方も、すごく優しくて。
ちょっと強く引っ張られたら、そのまま離れてしまいそう。

ヒールを履いて歩く私に気を使って、いつもよりゆっくり歩いてくれる。
結婚してからは、出かけるときは車ばかりだから。
こんな気遣いも、忘れてた。
信号待ちで立ち止まると、チャンミンさんは私を見て。
「こっちに、しようか」
言いながら肘を少しだけ横に出す。腕に手を回すと、チャンミンさんは照れくさそうに微笑んで。
「付き合ってる時は、あんまりしたことなかったね」
「・・・はい」
「またこうして、歩きたいから・・・デートしよ」
信号が変わる。
「はい!」
腕を絡めた瞬間、人に押されて。
自然にチャンミンさんにくっつく。
「このままで歩こう」
人前でこんなにくっついて歩くことなんか、ない。
チャンミンさんはすごくうれしそうに笑って。

やっぱ、モモはすごくかわいい。自慢の奥さんだよ。
そう言って、私をリードしてくれる。
甘く薫るバラ。今はもう、いつも一緒だけど。
おしゃれしてよかった。こんなふうに。
家の中でふたりきりじゃないほうがいい。
たくさんの人の中で、たったふたりになれるほうが、幸せ。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR