Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 145

チャンミンさんの目線が優しく、甘い。
ご飯を作っているときも、チャンミンさんはテーブルについたままじっと私を見つめてる。
ご飯を食べるときも、隣に座るけど。
それぞれ、おいしいねって言いながら、食べるだけで。

お弁当も、いっぱい食べられるように作って。
渡すと、「ありがとう」って、いつも通り受け取ってくれる。
でも、チャンミンさんは少しだけ戸惑ったような顔をして。
「どうか・・・しましたか?」
チャンミンさんはもじもじしながら、言う。

キス、したい。顔を赤らめて。
はい。頷くと、目、閉じてって、言われる。
目を閉じて待つと、まず、鼻がくっついて。
次に、唇。二度、三度と重ねられて。
肩を優しくつかまれる。そのままギュッと抱きしめられて。

行ってくる。腕の中で感じる、声は。
私を落ち着かせる。同時に、ドキドキさせる。
好き。離れそうになる体が、寂しくて。
咄嗟に、シャツの胸のあたりをつかむ。

モモ? 私を覗き込むように見つめて。
恥ずかしくて、その胸に頭をくっつける。
チャンミンさんはふっと笑って私を抱きしめた。

それから、しばらくはユノくんに会うこともなく。
ジヘちゃんとふたり、勉強をしていて。
時は流れ、年末。そろそろクリスマスも近い。
チャンミンさんとは、今まで以上に仲良くなって。
時々はデートもしてる。チャンミンさんのご希望通り、ラブホテルにも、行ってみた。
エッチのことだけ考えてそれだけを目的に入ってそれだけをして帰るのがいいんだと、言ってたけど。
家でも・・・あんまり変わらない気がする・・・。
チャンミンさんは私を必要以上に縛らなくなった。このままユノくんの影も、消えてしまえばと思っていたけど。

その姿を、見つけてしまったら。
楽しそうに、恋人らしき女性と歩く姿を、見たら。
なぜか、胸が苦しい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR