Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 159

ホテルにつくなり、チャンミンさんはご飯食べよう、って。
遅い時間だけど、特別に用意してもらったディナーをお部屋でいただくことになった。
きっとフルコースを食べたって、チャンミンさんは満足しないから。
お部屋で食べるディナーで十分。すごい量だもの。
ケーキも、かわいらしいブッシュドノエルだし。
お部屋も、ちゃんとクリスマスの飾りつけが施されていて、夜景も、とってもきれい。
こんなに贅沢なクリスマスを過ごして、いいのかしら。お友達って言ってたけど、チャンミンさんって顔が広いのね。
一生泊まることなどないと思ってたホテル。

「来年はさ、ちょっと遠出したいね」
「はい」
「再来年は、赤ちゃんがいるかな」
チャンミンさんが、それまでの笑顔から急に真剣な顔で、言う。
「そう・・ですね」
テーブルの上で、私の手を握りしめる。
「ずっとふたりがいいな。誰にも邪魔されたくない。だけど、俺とモモの赤ちゃんも・・・欲しい。コウノトリが運んでこないかな」
思わず笑うと、チャンミンさんも笑った。
「だってさ、モモの体の中に、新しい命が宿るわけだろ? 俺だってそんなことできないのにさ・・・」
「なんですか、それ」
拗ねるチャンミンさんがかわいい。
「俺とモモの赤ちゃんでもさ、うらやましいんだもん。男の子だったら、俺嫉妬するかも」
チャンミンさんの言葉に、笑うしかない。そんなに私を好きでいてくれるの? どうしてだろう。
そんなに愛される資格、あるのかな。・・胸が痛い。
「こんなこと言うから、モモが気持ち悪がるんだよな」
「ちょっと・・・驚きます」
「嫌いになったり、しない?」
「なりませんよ」
「他に誰か好きになったりしない?」
一瞬、ドキッとして。
口ごもる。チャンミンさんは笑った。
「・・・なることもあると、思うよ。俺が強引にモモを奥さんにしたんだもん」
私の手を取って、窓際に連れて行く。
後ろから私を抱きしめて、肩にあごを乗せて。
「少しくらいなら、心が揺れても許すよ。でもそれ以上は・・・許さない」
首筋にキス、しながら。
右手が、胸に伸びる。
「ホントは俺だけを見て欲しい。・・・わかるだろ?」
頷くと、その手に力が、入る。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR