Pleasure poisoning(シム×モモ:閲覧注意) 165

目覚めた瞬間には、唇が重なってた。
チャンミンさんのキスで目覚めるなんて、本当にお姫様みたい。
唇が離れて。
「おはよう」
「おはよう、ござい、ます」
「起こしちゃったね、ごめん」
チャンミンさんがうれしそうに笑う。
私をギュッと抱きしめて、うふふ、と笑って。
「大好き。だいすきだいすき」
繰り返す。うれしくて、くすぐったい。
くっつけられた体が、どうなっているかは、いつもの通りで。
チャンミンさんはそのまま私にキスして、体に乗る。
「やっぱり、作ろうかなあ。でもなあ・・・どうしよう」
また、昨夜の続き。バラの香りの中で、激しく愛し合う。

少し眠ってから、シャワーを浴びて支度して朝食。
お部屋でゆっくりいただく。なんだか、すごく。
うれしい。贅沢をしたいわけじゃないけれど。
本当に夢みたいな時間だから。

夜景もとても綺麗だったけど、この部屋からの景色は本当に素敵。
クリスマスの夜から、朝にかけて降り出した雪は、町中を雪景色に変えていた。
遠くの山まで見渡せる。デートで一緒に登った山も見えた。
「また、山登りとか、いいね」
思っていることが、口にせず伝わると。
不思議な気持ちになる。チャンミンさんに振り向いて頷くと。
「映画見に行ったり、ドライブしたり、そういうの、これからもいっぱいしよ」
「・・・はい」
これからどこ行こっか。チャンミンさんの言葉に。
行ってみたかったカフェの名前が浮かぶ。
それとなく告げると、近くにある美術館も行こうか、って。

タクシーを降りて、美術館に入るまで、雪がちらつく中、身を寄せあって歩く。
転びそうになる私を抱き留めてくれたり。
ふたりして滑りそうになって、手をギュッと握りあったり。

結婚前はできなかった。こんなふうにくっついて歩くこと。
今はもう当たり前に、出かけるときは手をつなぐ。腕を組む。
この幸せを、失うわけにはいかない。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR