Adieu 66

出会えたら、すぐに。
抱きしめてくれると思ってた。だけど、ユノヒョンは。

ボクを寂しそうに見つめて、立ち尽くすだけ。

「やっぱり」
「・・・え?」
「やっぱり、迷惑だったん、ですね。僕がここに・・・きたこと」
あなたに抱きつきたい衝動を必死にこらえて。
一歩、後ずさる。
「そんなこと・・・」
ユノヒョンがボクのシャツの袖をつかむ。どっちなんだ。あなたは、僕を。
拒絶したいんだろう? それなら、何故。

涙が。
「嫌い、ですか。・・・僕のこと」
溢れる。
「チャンミン」
嘘は言わない、あなただから。
本当の気持ちなんか、言えないんだろう。・・・だけど。

僕だって、本当の気持ちしか、言えないよ。
「あなたが僕を嫌いでも・・・」
嫌いでも。嫌いでもいい。僕にはあなたしかいない。もうずっと前から。
「僕はもう・・・、離れませんから」

絶対離れない。すべてを捨ててここへ来た。
家族も、友達も、思い出も未来も、何もかも捨てて。
ただあなただけを。

抱きしめる。嫌いなら、はねのけてくれ。優しくなんかしないで。
だけど、ユノヒョンは。

僕を引き離したりは、しなかった。流れる涙を。
止めることなどできない。
ここで捨てられたら。
もう死んでもいい。
帰るつもりなどない。帰る場所さえ、捨ててきた。・・・だから。
あなたに拒絶されたら、僕は。

この戦地で、虫けらのように殺されるだけだ。

不意に、あなたが。
僕を強く抱きしめる。息もできないほど。
・・・愛してる。確かにそう、聞こえた。
顔を上げると。

あなたの、笑顔があった。

「・・・愛してる、チャンミン」

あなたはこの上なく美しい涙を、一筋、流して。
涙でグシャグシャの顔をした僕に、口づけを、くれた。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

Adieu ~~

この二人お久しぶりです。やっとやっと誰にも邪魔されず暮らせるんですね。ユノもチャンミンも辛く長い道のりだったね。
出来れば危険のない場所で暮らせるといいのに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
所属:Bigeast/ビギシャル

mizutama

Author:mizutama
2011/10~「Why?」から「B.U.T.」で東方神起に陥落。ユノペン、ホミン派(リバOK)。
韓流、BL一切興味なしだったのがホミンの目に余るリア充ぶりにBL初挑戦。
【注意事項】
・某有名人をイメージした作品ですが、あくまでも妄想でありご本人+周辺人物とは一切関係ありません。
・使用されている画像等の著作権は著作権元にあります。
・作品は個人的なものなので転載・盗用しないでください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

From Maroulina
2015ca-200-1.gif

kio-frau2015-2-side-1.gif

frau2-200.jpg

kio-4.jpg

frau17-200.jpg

frau16-200.jpg

更新履歴
コメント感謝です^^
kio-1a.jpg
所属事務所
月別アーカイブ
リンク
密談用

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
★鍵はずしたい?

この人とブロともになる

携帯用
QR